Amazonカード 楽天カード ヤフーカードの比較

新型コロナの影響で入荷未定品が増えていますのでお早めに!

アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングの比較を色々としてきましたがクレジットカードの比較をしていなかったので改めて比較していきます。
  • 1年間無料(先着300万)
  • 初期費用実質無料
  • 楽天ポイント3000円
  • 機種購入で楽天ポイント最大14500円
  • 紹介コードで2000ポイント
    各先着5名様※数名で終了する見込み
    2020031402115
    2020031402168

アマゾン マスターカードクラッシックとゴールドの比較

クラシック ゴールド
年会費 初年度無料 翌年度以降1,350円 10,800円 (下記割引適用後4,320円)
年会費割引 年1回以上利用で無料 マイ・ペイすリボ ▲5400円 WEB明細書サービス &年6回以上利用 ▲1,080円(2年目以降)
入会ボーナス ポイント 5,000 なし
プライム特典 なし あり(3900円相当) 既に会員の人は返金
Amazonポイント還元率 プライム会員 2% プライム会員以外1.5% 2.5%
Amazon以外の買い物 1%
旅行傷害保険 なし 国内・外共に5000万円
買い物保険 年間100万円 年間300万円
ゴールドのマイ・ペイすリボは限度額を最大限まで上げれば通常の一括払いと同じように使えるのであまり気にしなくて良さそうです。

アマゾン マスターカードクラシックとゴールドの損益分岐点は?

計算式は省いて結果だけ載せています。 プライム会員が必要でない人はクラシック一択でしょう。 プライム会員が必要な人は
  • 年間84,000円以上Amazonで買い物をする人はゴールド ※クラシックの入会ボーナス5000円分ポイントをもらうためにクラシックも入手するのも全然アリでしょう。
  • それ以下はクラシック
この84,000円という金額は微妙ですね。Amazonヘビーユーザーは軽く到達するでしょうが私みたいにAmazon、楽天、ヤフーを使い分けている人には厳しいかもしれませんのでクラシックの方が合っている人が多いと思われます。

楽天市場 楽天カード、ゴールドカードとプレミアムカードの比較

楽天のカードの種類は多く、挙げている以外にもPINKカード(女性向け)、アカデミー(学生向け)、楽天ビジネスカード(会社オーナー、個人事業主向け)などなどありますがここではよく比較される楽天カード、ゴールドカード、プレミアムカードの3種類の比較をします。 プレミアムには楽天プレミアムが1年間だけ付帯されますがアマゾンプライムのように継続ではなく、1年間限りなのでそれについては無視します。
楽天カード ゴールド プレミアム
年会費 無料 2,160円 10,800円
入会ボーナス ポイント (記事作成時点) 5,000 プラチナ11,000 ゴールド9,000 以外6,000 プラチナ15,000 ゴールド13,000 以外10,000
楽天ポイント還元率 (通常ポイント1%含む) 4% 5% 5% 火・木曜日+1% 誕生月+1%
楽天以外の 買い物 1%
旅行傷害保険 海外2000万円 海外2000万円 国内・外共に 5000万円
買い物保険 なし なし 年間300万円
ラウンジサービス なし 国内 一部海外 国内外 900以上

楽天カード、ゴールドカードとプレミアムカードの損益分岐点

  • 年間216,000円以下楽天市場で買い物する人は楽天カード
  • 年間216,000円〜540,000円楽天市場で買い物する人はゴールド
  • 年間540,000円以上楽天市場で買い物する人はプレミアム
アマゾンに比べると年会費の割引がないのでゴールドのハードルがかなり高いですね。かなりのヘビーユーザーしかゴールド以上は必要なさそうです。 紹介者ID【S5XMX472】

ヤフーショッピング ヤフー(ワイジェイ)カードの特徴

ヤフーカードはYahoo! JAPANカード、YJ(ワイジェイ)カードとも言われていますがゴールドカードがなくヤフーカードのみとなっています。
年会費 無料
入会ボーナス ポイント 7,000
Tポイント還元率 (ストアポイント1%含む) 3%
ヤフー以外の買い物 1%
買い物保険 年間100万円

アマゾンマスターカードクラシック 楽天カード ヤフーカードの比較

アマゾン 楽天 ヤフー
年会費 1,350円 年1回利用で無料 無料 無料
入会ボーナス ポイント (記事作成時点) 5,000 5,000 7,000
ポイント還元率 プライム会員 2% プライム会員以外1.5% 4% 3%
ショップ以外の 買い物 1%
旅行傷害保険 なし 海外2000万円 なし
買い物保険 年間100万円 なし 年間100万円
ショップが違うので比較してどうこうはないのですがこんな違いがあるんだとわかって頂ければいいかなと思います。 基本的に無料なので私みたいに全ショップを利用している人は全て持っておくとお得です。
関連記事

気軽にコメントどうぞ