アマゾン 楽天市場 ヤフーショッピング トラブル時の返品方法

新型コロナの影響で入荷未定品が増えていますのでお早めに!

アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピング、価格.comで購入してトラブル(初期不良、不具合など)に合った時に返品・返金・交換する時に各社でどのような違いがあるのか調べてまとめています。
  • 1年間無料(先着300万)
  • 初期費用実質無料
  • 楽天ポイント3000円
  • 機種購入で楽天ポイント最大14500円
  • 紹介コードで2000ポイント
    各先着5名様※数名で終了する見込み
    2020031402115
    2020031402168

アマゾンの返品・返金・交換方法

同じアマゾンでも2種類の販売者が存在することを知っておく必要があります。
  • Amazon.co.jp アマゾンが商品を販売・管理していてアマゾンの倉庫から送付されます。 この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。と書かれているのが目印です。
  • Amazonマーケットプレイス出品者 アマゾンの販売システムを借りて商品管理、発送は店舗でしています。 (楽天、ヤフーの店舗と同じと考えて良いでしょう。)
初期不良、返品の対応には違いがあるのでそれぞれ見ていきましょう。
  • Amazon.co.jp 到着から30日以内で返品・交換の条件に該当するものであれば全額返金または交換が可能です。 この条件が比較的緩く、良心的で手続きの流れも簡単で数日で返金手続きが可能です。 詳細は返品・交換の手続きをするを読んでください。
  • Amazonマーケットプレイス出品者 出品者の返品・返金の規約に左右されます。 中には返品・返金・交換の条件がシビアな店舗もあります。 逆にアマゾンと同じ規約に準じる良心的なお店もあります。 もし、連絡しても返事がなければアマゾンが間に入ってくれます。 詳細はAmazonマーケットプレイス商品の返品についてを読んでください。
こう比べると、アマゾンプライム商品を買っておいた方が無難ということがわかりました。 価格や在庫によってAmazonマーケットプレイス出品者から購入する場合は返品・返金・交換に関する規約を十分に読んでから購入すべきでしょう。

楽天市場の返品・返金・交換方法

楽天市場には楽天あんしんショッピングサービスという保証が無料でついています。 これは基本的に店舗に問い合わせ後、対応に不満のある時に活用するものです。
  • 商品が届かない
  • 商品説明と違う商品が届いた
  • 部品が不足
  • 正常に動作しない
  • 返品したが店舗が対応してくれない
これらに該当すると保障が適用可能です。上限金額、上限回数、申請期間は下の表を参考にしてください。
対象 対象サービス 補償額上限 補償回数上限 申請期間
楽天市場でのご注文 楽天市場 1回あたり30万円 (配送料含む) 年間5回 注文日の翌日から 90日以内
ここまで補償してくれるのはかなりありがたいですね。 詳しくは楽天あんしんショッピングサービスを読んでください。 アマゾンとの大きな違いは楽天は各店舗が商品を管理しているため、楽天が店舗に調査・事実確認するため時間がかかり、およそ3〜4週間ほどかかる点です。

ヤフーショッピングの返品・返金・交換方法

ヤフーショッピングではあんしん取引という購入者が受取確認して初めて契約が成立する(店舗側に入金される)システムがあります。 オークションやフリマアプリと同じようなシステムですね。 ただ、全ての店舗がこのシステムを導入しているわけではありません!! よってアマゾンのAmazonマーケットプレイス出品者と同様に店舗に直接連絡して、返事がなければヤフーに間に入ってもらうことが可能です。 また、Yahoo!プレミアム会員にはお買いものあんしん保障という下記の手厚い補償が用意されています。
  • 返品不可(自己都合でも可)補償50%(90日以内)
  • 宅配運送中の破損の補償80%
  • 自己破損補償80%(120日以内)
  • 修理補償 保証書あり100%なし50%(3年以内、年3万円まで)
  • (自宅)盗難補償50%(120日以内)
  • 電子デバイス災害(火災・落雷など)補償100%(経年数により減額あり)
  • 返金、返品、商品不着時に裁判となった時の弁護士費用の支払い
  • 個人情報漏洩過失責任補償
その他にも自転車を購入し、その自転車で事故した場合、入院1日3000円のお見舞い金がもらえる交通トラブルお見舞いというものもあります。 詳しくはYahoo!プレミアムのお買いものあんしん保障のページを読んでください。

価格.comの返品・返金・交換方法

価格.comは店舗と直接やり取りするしかないので店舗の規約に準じます。 アマゾン、楽天、ヤフーのように一切、間に入ってくれないのでどこよりも注意が必要です。

Amazon・楽天市場・ヤフーショッピング トラブル時の返品方法まとめ

各ネットモールの初期不良などで返品・返金・交換する方法を見てきましたがそれぞれ特徴があり、ネットショッピングをする人は押さえておくべき点でしょう。
  • アマゾンはAmazon.co.jpとAmazonマーケットプレイス出品者の2種類の販売者が存在するので注意する
  • 楽天市場は期間はかかるものの基本無料で補償
  • ヤフーショッピングはYahoo!プレミアム会員にはお買いものあんしん保障がある
  • 価格.comは直接取引が基本で価格.comはノータッチ
関連記事

気軽にコメントどうぞ