ドコモ AQUOS sense2(SH-01L)の料金・本体価格・最安維持費・スペック

2 min 670 views

ドコモから2018年12月14日に発売されたdocomo with対象スマホ AQUOS sense2(SH-01L)の料金・本体価格・最安維持費・スペックをまとめたいと思います。
AQUOS sense2はau、UQモバイル、ワイモバイル(独自モデル Android One S5)からも発売されています。

まず初めにドコモの料金プランを載せていますので知っている方は目次で飛ばして下さい。

ドコモのスマホ・iPhone新料金プラン

ドコモのスマホ・iPhone新料金プランは

  • 4G/5Gギガホ プレミア
    4Gは60GB・5Gは無制限(テザリングも無制限)
    3GB以下は1650円割引
  • 4G/5Gギガライト
    段階制
  • ahamo(オンライン専用プラン)
    20GB・5分以内通話無料

の3種類あります。

通話オプションは

  • 5分通話無料オプション+770円
  • かけ放題オプション+1870円

の2種類あります。
※下記、料金プランの金額は税込表記です。

4G/5Gギガホ プレミアの料金

5Gギガホ プレミアムはテザリングも無制限で、他社は30GBまでなのでテザリングで30GB以上使う人はドコモ一択です。

4Gは110円安いです。

みんなドコモ割※1 1人 2人 3人
ギガホ プレミア 7315
ドコモ光セット割 ▲1100
みんなドコモ割 0 ▲550 ▲1100
dカードお支払割 ▲187
合計 6028 5478 4928

4G/5Gギガホライトの料金

ギガライトは1GB〜7GBの段階制プランです。

  〜1GB 1〜3GB 3〜5GB 5GB〜7GB
ギガライト 3465 4565 5665 6765
ドコモ光セット割 - ▲550 ▲1100
みんなドコモ割
2人▲550
3人〜▲1100
dカードお支払割 ▲187
合計 2178 2728 3278 4378

ドコモオンラインショップの特徴とキャンペーン一覧です。

頭金(店によって1万円ほどすることも)、事務手数料(3300円)+キャンペーンで実店舗より2,3万円ほどお得に契約できるのでオンライン契約できる方は是非活用して下さい。

ahamoの料金

ahamoの特徴とキャンペーン一覧です。

  • 月額2970円
  • 20GB・5分以内通話無料
  • オンライン専用
  • SIMだけ契約 dポイント7000円

auのpovo、ソフトバンクのLINEMOは5分以内通話無料込みであれば月額3278円ですので308円安いです。他社で5分以内通話無料を外すと242円安いですが月6分以上電話するとahamoの方が安くなる計算なので20GBオンライン専用プランでは基本的にahamo一択で良いかと思います。

ドコモ AQUOS sense2(SH-01L)の本体価格(税込)

AQUOS sense2(SH-01L)はdocomo with対象製品なので月々サポートはなく、一括購入するか分割購入するかを選ぶだけです。

MNP新規・機種変更
本体価格 31,752円
本体分割金(24回) 1,323円×24

ドコモ AQUOS sense2(SH-01L)の最安維持費(税抜)

本体を一括で購入した場合の最安維持費(税抜)は以下の通りです。

1GB〜 20GB シェア子回線
シンプルプラン 980
SPモード 300
データ定額 2900〜 6000 500
docomo with ▲1500
合計  2680〜 5780 280

ドコモ AQUOS sense2(SH-01L)のスペックと特徴

カラーはこれら4色です。

  • シャンパンゴールド
  • シルキーホワイト
  • ニュアンスブラック
  • ブロッサムピンク
AQUOS sense2(SH-01L)
発売日 2018年12月14日
OS Android 8.1
ディスプレイ 5.5インチ IGZO
CPU Snapdragon 450
ROM/RAM 3GB/32GB
アウトカメラ 1200万画素/F値2.0
インカメラ 800万画素/F値2.2
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X
おサイフケータイ あり
認証タイプ 顔認証、指紋認証
バッテリー容量 2,700mAh
サイズ/重量 148×71×8.4mm/155g
その他 microSDXC 512GBまで対応

必要十分なスペック

AQUOS senseシリーズは必要十分を追求して作られているスマホです。
必要な機能、必要でない機能を価格と天秤にかけて決めており、それは百円単位までのシビアなものなので相当細かなところまで作り込まれています。
そのおかげか前機種AQUOS sense(2017年10月発売)は販売台数200万台以上とシャープでは異例のヒット商品となっています。

  • HUAWEI製のスマホが日本で販売されなく可能性がある
  • iPhone SEが販売終了され、iPhone入門機がなくなった

という状況の中では現在シェアを伸ばしているシャープはさらにシェアを伸ばしアップルと並ぶスマホメーカーになるのかもしれません。

  • 頭金・事務手数料なし・限定CPのドコモオンラインショップ
  • CBと無料ルーターのあるGMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ AQUOS sense2(SH-01L)

関連記事

気軽にコメントどうぞ