ドコモのガラケー機種変更する人はこの土日が月々サポートのある最後の週末となっています。詳細→電話だけの人は旧プランで機種変更した方が良い!

ドコモ au ソフトバンク 新料金プラン比較 auは微妙か?

ドコモ au ソフトバンク 新料金プラン比較 auは微妙か?

大手キャリアの新料金プラン(完全分離プラン)導入の流れは

  • 2017年7月14日 auがフラットプラン・ピタットプランを開始(2017年7月10日発表)
  • 2018年9月6日 ソフトバンクがウルトラギガモンスター+・ミニモンスターを開始(2018年8月29日発表)
  • 2019年6月1日 ドコモがギガホ・ギガホライト開始(2019年4月15日発表)
  • 2019年6月1日 auがデータMAXプラン・フラットプラン7プラス・新auピタットプランを開始(2019年5月13日発表)

ここ最近のドコモが最初に導入したような認識の人もいるかもしれませんが

  • au、SB、ドコモという順
  • auは毎月割のある旧プランも選択できるようになっている
  • そういう意味では現在はソフトバンクが純粋な完全分離プランとなっている

という感じになっています。

この記事では大手キャリアの新料金プランを比較していきます。

大容量プラン ドコモ au ソフトバンクの料金比較

  • ドコモ ギガホ
  • au データMAXプラン
  • ソフトバンク ウルトラギガモンスター+

ドコモ 大容量プラン ギガホの料金

ギガホは高速データ通信量が30GBでそれ以降通信制限になった場合は1Mbps(楽天モバイルと同様、au・ソフトバンクは128kbps)の速度になります。
※余ったデータ通信量は繰越不可です。

みんなドコモ割※1 1人 2人 3人
ギガホ 6980
ギガホ割
(6ヶ月間)
▲1000
ドコモ光セット割 ▲1000
みんなドコモ割 0 ▲500 ▲1000
合計(6ヶ月間) 4980 4480 3980
7ヶ月目以降 5980 5480 4980
  • 5分通話無料オプションは+700円
  • かけ放題オプションは+1700円

※1 みんなドコモ割は同一「ファミリー割引」グループ内における音声通話が可能な料金プラン(2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランを除く)契約回線が対象です。

au 大容量プラン auデータMAXプランの料金

無制限ですがテザリング・データシェア・国際ローミング通信を利用した場合、20GB/月の制限があるので注意が必要です。

auデータMAXプラン
家族割プラス 1人 2人 3人
auデータMAXプラン 8980
auスマートバリュー ▲1000
スタートキャンペーン
(翌月から6ヶ月間)
▲1000
家族割プラス ▲500 ▲1000
合計(6ヶ月間) 6980 6480 5980
8ヶ月目〜 7980 7480 6980
  • 5分通話無料オプションは+700円
    ※加入から12ヶ月間は500円(通話定額ライト スタートキャンペーン)
  • かけ放題オプションは+1700円

auの家族割プラスもドコモ同様の内容となっています。

ソフトバンク 大容量プラン ウルトラギガモンスター+の料金

最後にソフトバンクの大容量プラン ウルトラギガモンスター+です。

ウルトラギガモンスター+は50GBと対象動画サービス・SNSが無制限となるプランです。(9月までは完全無制限)

みんな家族割数※1 1人 2人 3人 4人
通話基本プラン 1500
データ定額 5980
1年おトク割
(1年間)
▲1000
おうち割 光セット ▲1000
みんな家族割+ 0 ▲500 ▲1500 ▲2000
合計(1年間) 5480 4980 3980 3480
2年目以降 6480 5980 4980 4480
  • 準定額オプション(5分以内通話無料)は+500円
  • 定額オプション(電話かけ放題)は+1500円

※1 みんな家族割+はミニモンスター、ウルトラギガモンスター+加入回線のみを数えます。遠い親戚や家族でないシェアハウスの同居人なども対象です。

大容量プラン ドコモ au ソフトバンクの料金比較表

これらをまとめると料金(期間限定割引含む)は下表の通りです。

ドコモ
30GB(+1Mbps)
au
無制限
ソフトバンク
50GB
(+SNS・動画)
基本料金 6980 8980 7480
期間限定割引 ▲1000×6 ▲1000×12
光セット割 ▲1000
みんな家族割
(みんなドコモ割)
2人▲500
3人▲1000
2人▲500
3人▲1500
4人▲2000
1人合計 4980 6980 5480
2人合計 4480 6480 4980
3人合計 3980 5980 3980
4人合計 3980 5980 3480
  • ドコモは30GB、速度制限後1Mbps
  • auは完全無制限だけどテザリング等使うと20GBまで
  • ソフトバンクは50GB&SNS・動画し放題(9月末までは完全使い放題)
  • ドコモ、auの期間限定割引は6ヶ月だけ、SBは1年間
    ドコモ、auは6ヶ月間短いのでSBと比べて実質2年間+250円として考えて良いでしょう。
  • SBの通話定額オプションが他社より200円安い
  • 最安はSB

auはデータ無制限ですが少し割高な印象を受けます。auは20GBのフラットプランを残しており、最安で1年1目4000円、2年目以降5000円となっていますがそれと比べても他社より少し高いですね。
30GB(+1Mbps)、50GB(+SNS・動画無制限)で足りる層、無制限(テザリングは20GB)を欲する層どちらが多いでしょうか?auの無制限プランはただ割高に感じるのは私だけでしょうか?

ここでauのフラットプラン7プラスとドコモのギガホ、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+を比較すると面白いです。

auフラットプラン7プラスの料金

auフラットプラスは+メッセージ、Facebook、Instagram、Twitterがデータ使用量無制限、7GB超過後の速度が300kbps(128kbpsではない)という特徴のプランです。

auフラットプラン7プラス
7GB
auフラット7プラス 5480
auスマートバリュー ▲1000
家族割プラス 2人▲500
3人〜▲1000
合計 3480
  • 5分通話無料オプションは+700円
    ※加入から12ヶ月間は500円(通話定額ライト スタートキャンペーン)
  • かけ放題オプションは+1700円

これをドコモのギガホ、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+と比較します。

ドコモ
30GB
(+1Mbps)
au
7GB
(+300kbps・SNS)
ソフトバンク
50GB
(+SNS・動画)
基本料金 6980 5480 7480
期間限定割引 ▲1000×6 ▲1000×12
光セット割 ▲1000
みんな家族割
(みんなドコモ割)
2人▲500
3人▲1000
2人▲500
3人▲1500
4人▲2000
1人合計 4980 4480 5480
2人合計 4480 3980 4980
3人合計 3980 3480 3980
4人合計 3980 3480 3480

こう比べるとauのフラットプラン7プラスは料金的には他社の大容量プランに対抗するプランになっており、それでもソフトバンクが最安(期間限定割引を加味)となっています。
1人の場合はauが最安ですがこれなら500円高いけど30GBで1Mbpsのドコモまたは1000円(期間限定割引加味すると実質750円)高いけど50GBでSNS・動画使い放題のソフトバンクの方が良いと思います。

低容量プラン ドコモ au ソフトバンクの料金比較

次に低容量プランの比較です。

  • ドコモ ギガライト
  • au 新auピタットプラン
  • ソフトバンク ミニモンスターとスマホデビュープラン

ドコモ 低容量プラン ギガライトの料金

ドコモのスマホ・iPhone料金プラン ギガホライト

ギガライトは1GB〜7GBの4段階制プランです。

合計はみんなドコモ割3人以上での料金です。
2人の場合は+500円、1人の場合は+1000円です。

〜1GB 1〜3GB 3〜5GB 5GB〜7GB
ギガライト 2980 3980 4980 5980
ドコモ光セット割 ▲500 ▲1000
みんなドコモ割
2人▲500
3人〜▲1000
合計 1980 2480 2980 3980
  • 5分通話無料オプションは+700円
  • かけ放題オプションは+1700円

au 低容量プラン 新auピタットプランの料金

新auピタットプランは1GB〜7GBの3段階制プランです。

新 auピタットプラン
〜1GB 1〜4GB 4〜7GB
新auピタットプラン 2980 4480 5980
auスマートバリュー ▲500
家族割プラス 2人▲500
3人〜▲1000
合計 1980 2980 4480
  • 5分通話無料オプションは+700円
    ※加入から12ヶ月間は500円(通話定額ライト スタートキャンペーン)
  • かけ放題オプションは+1700円

ソフトバンク 低容量プラン ミニモンスターの料金

ソフトバンクのスマホ・iPhone料金プラン ミニモンスター

ミニモンスターは1GB〜50GBの4段階制プランです。

〜1GB 1〜2GB 2〜5GB 5GB〜50GB
通話基本プラン 1500
データ定額 2480 4480 5980 6980
1年おトク割
(1年間)
▲1000
おうち割 光セット ▲1000
合計(1年間) 1980 3980 5480 6480
2年目以降 2980 4980 6480 7480
  • 準定額オプション(5分以内通話無料)は+500円
  • 定額オプション(電話かけ放題)は+1500円

低容量プラン ドコモ au ソフトバンクの料金比較表

これらをまとめると料金(期間限定割引含む)は下表の通りです。

〜1GB 1〜2GB 2〜3GB 3〜4GB 4GB〜5GB 5GB〜7GB 7GB〜50GB
ドコモ(3人)
(2人)
(1人)
1980
(2480)
(2980)
2480
(2980)
(3480)
2980
(3480)
(3980)
3980
(4480)
(4980)
au(3人)
(2人)
(1人)
1980
(2480)
(2980)
2480
(2980)
(3480)
4480
(4980)
(5480)
SB
(2年目〜)
1980
(2980)
3980
(4980)
5480
(6480)
6480
(7480)
  • SBは1GB未満1人なら安いが他は高い
  • SBの通話定額オプションが他社より200円安い
  • 1GB〜3GBならドコモ、au
  • 3GB〜4GBならau
  • 4GB〜7GBならドコモ
  • 全体的にドコモが安い

ソフトバンクは低容量プランは他社に合わさざるを得ない状況となっていますが、スマホデビュープランを発表したのでスマホデビュープランも比較してみます。

ドコモ au ソフトバンクのスマホデビュープラン料金比較表

ここでガラケー→スマホの各社の割引について整理します。

auは端末割引なので料金比較しにくいですがざっくりで見てください。

〜1GB 1〜2GB 2〜3GB 3〜4GB 4GB〜5GB 5GB〜6GB 6GB〜7GB
ドコモ(3人)
(2人)
(1人)
980
(1480)
(1980)
1480
(1980)
(2480)
2980
(3480)
(3980)
3980
(4480)
(4980)

au(3人)
(2人)
(1人)
1980
(2480)
(2980)
2480
(2980)
(3480)
4480
(4980)
(5480)

SB デビュープラン
(2年目)
980
(1980)
1980
(2980)
2980
(3980)
3980
(4980)
3980
(4980)
3980
(4980)
3980
(4980)
  • ドコモは2年目から+1000円
  • ソフトバンクは光セットなし、1人でも安い
  • 1GB未満ではソフトバンクが最安かつ5分以内通話無料
  • 2GBは良い勝負
  • 2GB超えるとドコモ、auが安くなってくる

はじめてスマホを持つユーザーに対してのプランなので1GB超えても料金が跳ね上がらない(段階制ではない)ソフトバンクが優位です。5分以内通話無料も付いている点も大きいと思います。
※1GB超えて低速になってもLINEなどテキスト中心のものはスムーズに使えます。

ソフトバンクと同条件の5分以内通話無料でドコモ、auが最大になる光セット割引なし・1人の場合で比較すると

〜1GB 1〜2GB 2〜3GB 3〜4GB 4GB〜5GB 5GB〜6GB 6GB〜7GB
ドコモ 2680 3680 5680 6680
au
3680 5180 7180
SB デビュープラン
(2年目)
980
(1980)
1980
(2980)
2980
(3980)
3980
(4980)
4980
(5980)
5980
(6980)
6980
(7980)

ドコモ、auの最大料金で比較すると結構差が開きますね。
他の大手キャリアと比べるとより一層ソフトバンクは思い切った良心的な料金を発表したなと感じます。段階制ではなく1GBで止まるスマホデビュープランはスマホデビュープラン層には本当に救いです。段階制プランのあるあるですが、知らぬ間に(バックグラウンドで)データ通信して料金が跳ね上がることがありません。

現時点で料金だけで言える結論は

  • 大容量プラン
    ドコモまたはソフトバンクがおすすめ
  • 低容量プラン
    ドコモがおすすめ
  • スマホデビュー層
    ソフトバンクがおすすめ

ということになり、auが微妙な感じです。
あとは端末料金の値引きがどうなるか、ソフトバンクがどう動くのかというところです。

ドコモ au ソフトバンク 新料金プラン比較 auは微妙か?

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。