ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack

ドコモは5月25日より4段階制の新料金プランベーシックパックとベーシックシェアパックを開始します。
それと同時にウルトラデータパック(20GB、30GB)かシェアパックしか選べなかった無料通話のないシンプルパックが全パケットパックと組み合わせ可能となります。

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック ベーシックシェアパックとは?

ベーシックプランはauのピタットプランに似ていてデータ使用量に応じて料金が変わる段階制のプランです。
余ったデータ通信量は繰越不可という点は十分注意しておく必要があります。

一人用のベーシックパックは下図のような4段階制になっています。

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack1

1GB未満であれば
シンプルプラン980円、SPモード300円、ベーシックパック2900円の4180円。
doomo with▲1500円、ずっとドコモ割プラス プラチナステージ(15年以上)▲200円で2480円となります。

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack1

新旧の比較は下表のような感じです。

〜1GB
2900円
2GB
3500円(廃止)
1〜3GB
4000円
3〜5GB
5000円
5GB
5000円(廃止)
5〜20GB
7000円
20GB
6000円(継続)
30GB
8000円(継続)

au同様に20GB、30GBは継続されますが、auと違うのが置き換えられる旧プランは完全に廃止(新規受付停止)される点です。
1GB〜2GBの人は少し値上げされますし、3〜5GBの人は繰越不可ですので今のプランのままが良いでしょう。
月によってデータ使用量の変動が激しい人、1GB未満の人にメリットのある料金プランとなっています。

次に家族用のベーシックシェアパックです。

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack1
  • 家族3人
  • 5GB未満
  • ずっとドコモ割プラスプラチナステージ(15年以上)
  • 全員docomo with

という条件であれば合計5940円、1人当たり1980円となります。

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack1

新旧の比較は下表のような感じです。

〜5GB
6500円
5GB
6500円(廃止)
5〜10GB
9000円
10GB
9500円(廃止)
10〜15GB
12000円
15GB
12500円(廃止)
15〜30GB
15000円
30GB
13500円(継続)
50GB
16000円(継続)
100GB
25000円(継続)

一人用のベーシックプランと違い、新旧共に同額の5GB始まりなので月々のデータ使用量の変動が激しい家族だけが変更を検討すべきプランと言えるでしょう。

ベーシックパックとベーシックシェアパックをまとめると

  • データ使用量の繰越不可には注意
  • 月々のデータ使用量が激しい人(家族)やシェアしていない人で1GB未満の人は検討余地あり

という感じですね。

ドコモ docomo with+ベーシックパック au ピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較

月データ使用量1GB未満として、ドコモ、au、ソフトバンクでの料金プランを比較したいと思います。
ソフトバンクも追従するかもしれませんがひとまず現在の1GB未満のプランのスマホデビュー割で比較します。
シンプルは無料通話なしプラン、ライトは5分以内通話無料プランのことです。
auにもシンプルプランがあり、固定回線セット割(auスマートバリュー)が適用外で料金が同じになるためライトのみ載せています。

ドコモauSB
基本料金シンプル
980
ライト
1480
ライト
1700
ネット接続SPモード
300
LTE NET
300
ウェブ使用料
300
データ料金290017002900
割引docomo with
▲1500
ビッグニュース
▲1000(1年)
スマホデビュー割
▲2420
固定回線割▲100▲500▲500
合計25801年目1980
2年目〜2980
1980
その他割引ずっとドコモ割
(15年以上)
▲200
初スマホ割 特別割引
  • ドコモ
    docomo withは指定の端末を購入する必要があり、機種はかなり絞られます。
    (docomo withで契約、機種を売却し、SIMフリー機種を別途購入し使う方法もあります。)
    ドコモのシェアはデータ使用量が少ない人が増えるほど1人当たりの料金は安くなります。
    (5GBをdocomo with3人でシェアして1人当たり1980円)
    ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack1docomo with対象機種一覧
  • au
    2年目から2980円ですし初スマホ割はiPhone8対象外で機種も絞られるので微妙な感じですね。
    ドコモの新料金を受けて何か変更されるかもしれませんね。
  • ソフトバンク
    スマホデビュー割ですがiPhone8が対象、5分以内通話無料というのは大きいですね。
    ガラケーから乗り換えという契約条件が緩いネット代理店があるのも強みでしょう。
    ホワイトプランが6月27日に新規受付停止となりますがシンプルプランや段階制プランなどの新料金プランが発表されるのかもしれません。
    そうなるとスマホデビュー割にも何かしらの影響(改悪される?)があるかもしれません。
    ソフトバンク スマホデビュー割を徹底解剖!気になる点やよりお得に契約するためには?

という感じでしょうか。
段階制プランがどんどん浸透していますがあまり良い流れとは思えないですね。
ドコモのシェアであればデータ量上限設定オプションがあるので大丈夫ですが
ドコモベーシックパック、auピタットプランで知らぬ間に大量のデータ通信をしていたら最大+4000円ほどの料金が請求されてしまいます。
月のデータ使用量をチェックしない人や機械・ネットに弱い人は要注意です。

ドコモ 新料金プラン ベーシックパック+docomo with auピタットプラン ソフトバンク スマホデビュー割の比較 docomo-basic-pack-356x213

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。