ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の料金プラン・キャンペーン・機種・本体価格・実質価格・最安維持費

ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の料金プラン・キャンペーン・機種・本体価格・実質価格・最安維持費

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)の料金プラン・キャンペーン・機種・本体価格・実質価格・最安維持費を掲載しています。

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)新料金プラン

2019年5月22日から受付開始・6月1日から適用開始

ドコモのガラケー料金プラン ケータイプラン

ドコモのガラケー・ガラホ料金プランは月額1200円のケータイプランのみです。
ネット・EメールをするためのSPモード込みとなっています。
オプションとして

  • 5分通話無料オプション +700円
  • かけ放題オプション   +1700円

という形になります。新料金の大きな特徴は100MBのデータ通信量がついており、その後は128kbpsでデータ通信が使えます。
※1GB1000円で追加可能

※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

無料通話なし 5分以内通話無料 かけ放題
基本料金 1200
通話オプション 700 1700
合計 1200 1700 2900

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)旧料金プラン

ドコモのガラケー・ガラホ料金プランは

  • シンプルプラン(無料通話なし)980円
  • カケホーダイライトプラン(5分以内通話無料)1200円
  • カケホーダイプラン(電話かけ放題)2200円

の3種類あります。
シンプルプランはケータイパック(300〜4200円)は適用不可、シェアオプション(500円)のみ適用可能です。
シンプルプラン以外はケータイパック無しでも月々サポート適用可能(2018年11月〜)です。
※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

シンプルプラン カケホーダイライト カケホーダイ
基本料金 980 1200 2200
SPモード 300
ケータイパック 500 300〜4200
合計 1780 1800〜 2800〜

詳しくは→ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の料金プラン・キャンペーン・機種・本体価格・実質価格・最安維持費

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)のキャンペーン

現在、ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)関連のキャンペーンは以下の1種類のみです。

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)機種・本体価格・実質価格

ドコモのガラケー・ガラホ機種は以下の4種類あります。

本体価格・実質価格は以下の通りです。
ドコモは基本的に新規・MNP(他社から乗り換え)・機種変更共に同額です。
※AQUOSケータイ、P-smartケータイはXi→Xiの場合の月々サポートは▲837円×24
※らくらくフォンのみMNPは月々サポートが増額(▲1269円×24)され、AQUOSケータイ同様に実質0円となります。

AQUOSケータイ
P-smartケータイ
カードケータイ らくらくフォン
本体価格 30,456円 31,752円 31,104円
本体分割金(24回) 1269円×24 1323円×24 1,296円×24
月々サポート ▲1269円×24 ▲891円×24 ▲486円×24
実質負担額(24回) 0円
10,368円
(432×24)
19,440円
(810×24)

詳細→ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)のおすすめ機種一覧・本体価格・スペック比較

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)最安維持費

最安のAQUOSケータイ、P-smartケータイの最安維持費は以下の通りです。
他機種の場合は実質価格を+して計算して下さい。

電話だけ必要な場合の最安維持費

カケホーダイライト カケホーダイ
基本料金 1296 2376
端末代金 1269×24
月々サポート ▲1269×24
合計 1296円 2376円
端末一括購入時
27円 1107円

ネット・Eメールも必要な場合の最安維持費

シンプルはシェア時の料金です。

シンプル カケホーダイライト カケホーダイ
基本料金 1058 1296 2376
SPモード 324
データ定額 540 324〜
端末代金 1269×24
月々サポート ▲1269×24
合計 1922円 1944円〜 3024円〜
端末一括購入時
653円 675円〜 1755円〜
ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の料金プラン・キャンペーン・機種・本体価格・実質価格・最安維持費

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。