法改正により9月末で高額キャッシュバック終了!
現在駆け込み需要により混み合っています。9月末までに契約完了(開通)しないと適用外のため、お急ぎください!※ネット契約は日数を要します。

ドコモ光 ソフトバンク光 事業者変更(再転用)開始により解約・工事なしで乗り換えられるようになった

事業者変更制度【再転用】

ドコモ光では2019年7月1日より事業者変更制度【再転用】が開放されました。
これにより、ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ぷらら光、OCN光、DTI光、楽天コミュニケーション光等のフレッツ光コラボ回線間の乗り換えが簡単になります。

今までのコラボ回線間の乗り換えは解約→契約→開通工事という流れでしたがこれからは事業者変更(再転用)するだけ(解約・工事なし)で可能となります。

auひかりはフレッツ光ではなく独自回線のため、auひかりへの乗り換え手順は今まで通り、解約→契約→開通工事です。

事業者変更制度【再転用】のメリット

事業者変更制度【再転用】のメリット

記述の通り、事業者変更制度【再転用】のメリットは以下の3点です。

  • 立合い工事なし
  • 工事料なし
  • 同じ電話番号が使える

この中でも工事料金がネックで乗り換えを諦めた人も多いと思います。

例えば、ドコモ光に乗り換えた場合は
■利用状況例
1.〇〇光(ファミリー)回線
2.利用期間:約2年半(2年自動更新)
3.光電話:利用中
4.フレッツテレビ:利用中

■上記の場合の乗り換え費用
・アナログ戻し費用:約11,000円(※)工事環境によって変わる
・ドコモ光事務手数料:3,000円
・ドコモ光工事費:18,000円
・ドコモ光テレビオプション:25,600円 4台まで(※)台数によって変わる
・光電話移行料:2000円
・〇〇光解約料:9,500円(※)コラボ事業者によって変わる

合計:69,100円

通常、他社光コラボから乗り換えるために解約しドコモ光を新規申し込みする場合、各工事は屋内配線が残ってないと配線工事のやり直しが必要となります。
その際の費用は最大で約7万円ほど発生してしまいますが、

■事業者変更制度【再転用】なら
・アナログ戻し費用:無し
・ドコモ光事務手数料:3,000円
・ドコモ光工事費:無し
・ドコモ光テレビオプション:無し
・光電話移行料:無し
・〇〇光解約料:9,500円(※)コラボ事業者によって変わる

合計:3,000円+解約料だけで収まります。

ドコモは新料金プランになってからは固定回線セット割によりスマホ1台に付き1000円割引されるよう(他社と同様)になったので固定回線とスマホをセットで乗り換えたい人は増えていることでしょう。

スマホをドコモ→ソフトバンクに乗り換えたら、固定回線もドコモ光→ソフトバンク光と手軽にスマホを乗り換える感覚で乗り換えられるようになったのは大きいと思います。
手間・工事料金・電話番号変更などで乗り換えを諦めていた人はこの機会に是非乗り換えてみて下さい。
以下はドコモ光とソフトバンク光のオススメ代理店です。

  • ドコモ光→GMO
    東証一部上場大手プロバイダーで安心、メール手続きが難点だが、最新かつワンランク上のミドルレンジ無線Wi-Fiルーターレンタル可能
    利用料金の10%還元のdゴールドカードと同時契約で5000円お得
  • ソフトバンク光→アウンカンパニー
    ソフトバンク光の優良代理店、キャッシュバックのもらえ忘れがなく最短2ヶ月後に振り込んでくれる
事業者変更制度【再転用】

法改正により9月末で高額キャッシュバック終了!
現在駆け込み需要により混み合っています。9月末までに契約完了(開通)しないと適用外のため、お急ぎください!※ネット契約は日数を要します。

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。全社同時に契約・開通まで行ない、全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。当サイトでは使用者目線の情報をわかりやすく解説するように心掛けています。