IIJmio eSIMプラン かけ放題300円SIM・大手キャリアとの料金比較

IIJmio eSIMプラン かけ放題300円SIM・大手キャリアとの料金比較

IIJmioのeSIMが提供開始されました。

  • かけ放題300円SIM+データeSIM6GBで月額2000円弱
  • 大手キャリアのデータ通信量を節約
  • データ通信量が足りなくなった時の補充

などの使い道が想定されますがどれくらい料金が違うのか比較していきたいと思います。

かけ放題300円SIM+eSIMと大手キャリアかけ放題スマホの料金比較

IIJmioのeSIM6GBが税抜1520円、税込1641円なので+かけ放題SIM300円で税込1941円となります。

  • 大手キャリアかけ放題 6GB(ドコモ ギガホライト) 最大7680円、最安5680
  • 大手キャリアかけ放題 1GB未満(ドコモ ギガホライト) 最大4680円、最安3680円

という料金(税抜)になります。
※最安は固定回線セット割、家族割引3人の場合、最大はこれら割引がない場合。
税込で比較すると最大で6300円も差があり、最安の場合でも2000円も差があります。

大手キャリアのデータ通信量を節約した場合の料金比較

例えば、基本的にeSIMを使い、混雑時の速度に不満な時だけ大手キャリアでデータ通信するといった場合を考えた時、
ドコモであれば1GB未満最安1980円、5GB〜7GB最安3980円と2000円(最大3000円)の差があります。
最安であれば料金差が400円ほどとあまりないのでeSIMは必要なさそうです。
割引なしの最大であれば税込1600円ほど安くなるので使い方次第ではそこそこ安くなりそうです。

eSIMと大手キャリア追加データの料金比較

次に7GBを超えた時(速度制限時)などに臨時で使いたいという場合は今は事務手数料が1円ですが8月から3000円ですので大手キャリアで追加1GB1000円にするのかeSIM6GB4520円にするのかの2択になるかと思いますが、かなり微妙な感じで、1GB追加が無難な選択肢になるかと思います。
SIMの送付手間がない分、手数料を1000円ぐらいにしてくれると追加1GB1000円、eSIM6GB2520円となり、eSIMが優位になりますね。

結論として、現状ではかけ放題300円SIM+データeSIM6GB以外の用途は料金的メリットはあまりないです。ただ速度を求めないアプリをよく使う場合は高速通信をオフにしてデータ通信量を節約できるメリットがありますね。
まだベータ版なので今後の仕様変更次第で色々と変わってきそうですが。

IIJmio eSIMプラン開始 かけ放題+データ6GBで2000円弱!? 料金プランとキャンペーン一覧

IIJmio eSIMプラン かけ放題300円SIM・大手キャリアとの料金比較

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。全社同時に契約・開通まで行ない、全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。当サイトでは使用者目線の情報をわかりやすく解説するように心掛けています。