遠赤外線ヒーターの電気代が高い!?メリットとデメリット コアヒートとセラムヒートの性能の違いと最安価格比較

お得な乗り換え期間中!
ネット契約は日数がかかるため、月内乗り換え予定の方はお早めに!

昨年に遠赤外線ヒーター(コロナのコアヒート)を購入し、12月は結構使っていたのですが12月の電気代が

高っ!!??

となってしまったので

  • 遠赤外線ヒーターのメリットとデメリット
  • エアコンとの電気代比較

をまとめて自分なりの答えを導きたいと思います。
遠赤外線ヒーターにはハロゲンヒーター、カーボンヒーター、グラファイトヒーター、シーズヒーターなどありますがコアヒートやセラムヒートはシーズヒーターと言われる部類です。

最後にコロナのコアヒートスリム、コアヒートとダイキンのセラムヒートの性能の違いと最安価格比較を載せます。

遠赤外線ヒーターのメリット

  • 体の芯まで温める
    赤外線が直接芯を温めるというわけではなく、身体の表面が温まりその温度が芯まで伝わって温まります。
  • 速暖性がある
    スイッチを入れると即暖かくなります。
  • 持ち運びが可能
    コンセントがあればどこにでも持ち運べます
  • 換気の必要がない
    ストーブなど酸素を使い燃やすものは換気が必要ですが遠赤外線ヒーターは必要ありません。
  • 静音性がある
    エアコンやストーブなどはファンやモーターなどにより音が出ますが遠赤外線ヒーターにはそれらがないので音が静かです。
  • 乾燥しない
    エアコンなどは部屋の空気を暖めるので乾燥しやすいですが遠赤外線ヒーターは遠赤外線なので乾燥しません。

遠赤外線ヒーターのデメリット

  • 部屋は暖めない
    部屋全体を暖めないので散らばった場所に人がいる場合は不向きです。
    1人や複数人でもソファーなどで密接するような場合で使うには良いでしょう。
  • 低温やけどの危険性がある
    近すぎると熱が放射せず中央に集中しすぎるため低温やけどになる可能性があります。
  • 電気代が高い場合がある
    電気代は詳しく後述しますがハロゲンヒーターより安いですがエアコンと比べて高い場合があるので注意が必要です。

エアコンと遠赤外線ヒーターの電気代 どちらが高い?安い?

遠赤外線ヒーターを購入するにあたり、1番気になるところはエアコンとの電気代比較でしょう。

1kWh 27円、小数点は四捨五入で計算しています。
エアコンの消費電力は価格.com PVシェア1位のダイキンでベーシックなモデルのEシリーズ(2017年モデル)です。

消費電力 1時間
エアコン6畳モデル 470W 13円
エアコン8畳モデル 635W 17円
エアコン10畳モデル 860W 23円
エアコン12畳モデル 1160W 31円
エアコン14畳モデル 1330W 36円
エアコン18畳モデル 1860W 50円
コアヒート通常 330W〜1150W 9円〜31円
コアヒートゆらぎ 200W〜820W 5円〜22円
セラムヒート 250W〜1100W 7円〜30円

表にあるエアコンの消費電力はあくまでも平均的な数値ということを忘れてはいけません。
エアコンは暖まるまで消費電力が高く、その後は低いという特徴があるのでエアコンの場合、長時間使えば使うほど1時間あたりの消費電力は低くなり、1時間あたりの電気代も安くなるという傾向があります。

価格.comにとてもわかりやすい画像があったので引用させて頂きます。

エアコン暖房の実測データ(普通は大体30分~1時間くらいで温まる) 価格.comより

このグラフからもわかる通り、温まるまでの30分〜1時間は消費電力が高いです。

以上のことからエアコンを使うのか遠赤外線ヒーターを使うのかという基準は以下の通りでしょう。

  • エアコンが何畳モデル(部屋が何畳)か
    6,8畳モデルだと消費電力は470W,635Wと低く、部屋も狭くすぐに暖まるため、使用時間はそれほど気にする必要がないためエアコンを使う
  • どれくらいの時間使用するか
    すぐ(1時間以内)に出かける用事があり、1時間以上戻ってこない場合は速暖性の高い遠赤外線ヒーターを使う
    長時間(1時間以上ぐらい)家にいる場合は、消費電力が安く部屋全体を暖めてくれるエアコンを使う

私はこの使用時間を気にせずに12月の中頃までエアコンを使わずコアヒートを長時間結構強めで使い続けてしまい

電気代高っ!!??

となってしまったということです。エアコン比は月3000円ほど高い感じでしたので遠赤外線ヒーターを長時間使っている人、使おうと考えている人は注意してください。

遠赤外線ヒーターはあくまでも補助的暖房器具と考えるべきで冬に強で長時間使うものではないと思います。
私は春や秋などの寒い時間帯だけや何か寒くなる作業をして局所(足元、手など)が冷えてしまった場合に遠赤外線ヒーターを使うと決めました。
電気代の高さには驚きましたがエアコンと赤外線ヒーターの特徴を理解した上でエアコンと上手く使い分けたり、エアコンの設定温度を下げ、弱で併用すれば電気代は逆に安くなる可能性は十分にあります。
実際にエアコンと併用したら電気代が安くなったというレビューも多くあるので各商品のレビューも参考にしてみて下さい。

コアヒートスリム、コアヒートとセラムヒートの性能の違い

次によく比較されるコロナのコアヒートスリム、コアヒートとダイキンのセラムヒートの性能比較をしたいと思います。
コロナのカーボンヒーターのスリムカーボンという商品もありますが値下がりしやすい売筋はコアヒート系なのでここでは比較対象から省きます。

Copyright (c) CORONA All rights reserved.
Copyright (c) CORONA All rights reserved.
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

どれも赤外線の波長は吸収されやすい3〜20ミクロンでヒーター部分は3年保証です。
価格は最安価格比較表の1番安いものを載せています。

コアヒートスリム コアヒート セラムヒート
ホワイト
シルバー
ホワイト
シャンパンシルバー
パールホワイト
マルサラブラウン
消費電力 340W〜900W 330W〜1150W 250W〜1100W
センサー 温度
30%以上節電
人感
15%節電
温度
リズム なし ゆらぎ運転
約29~39%節電
リズム運転
約15%節電
サイズ
(㎜)
高さ897
幅306
奥行306
高さ717
幅340
奥行300
高さ725
幅320
奥行300
重さ 3.7kg 5.6kg 6.8kg
最安価格 12,800 18,679 27,284

こうわかりやすい違いだけを抽出すると微妙な違いですがセラムヒートの価格が高いのが気になります。

コアヒートスリムは狭い場所での使用や持ち運びに最適です。

センサーでいうと

  • よく離れたり消し忘れしやすい人は人感センサーのあるコアヒート
  • 常時その場にいる人は温度センサーで調整してくれる(熱くなりすぎない)セラムヒート

という感じになりますね。ただ、人感センサーは10分間いないと稼働しないとのことです。

節電効果は約29~39%節電できるゆらぎ運転のあるコアヒートに分がありそうです。

Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

セラムヒートの価格が高いのはこういう試験項目が多いことが関係しているのかもしれません。
このような暖房器具は大惨事にもなりかねないものなのでコアヒートもそれなりの検査はしているかと思いますがより安全性を求めてセラムヒートを選ぶのも良いかもしれません。

コアヒートスリム、コアヒートとセラムヒートの最安価格比較

まず最安価格を比較する前に家電業界でよくある型番の話をします。

  • 新機種は型番と色だけ変わり性能は同じ
  • 販売ルートによって型番が違うだけで基本同じ

これらはこのコアヒートスリム、コアヒートとセラムヒートにも当てはまります。
現在、購入可能のモデルを一挙に載せますが全て性能は同じなので基本的に安いものを選べば良いでしょう。

リンクは最安価格比較のリンクですので現在の最安値がわかるので活用してください。
HCはホームセンターの略です。

コアヒートスリムの最安価格比較表

  • 色がCH(一般モデル)はシルバー、DH(家電・ホームセンターモデル)はホワイト

コアヒートスリム ホワイトコアヒートスリム シルバー

という違いがありますが基本性能は同じです。
また、2018年モデル、2019年モデルも基本性能は同じですので安いモデルを選んでOKです。
※アマゾン限定モデル(DH-91RA)もありますが価格が高いだけなので除外しています。

DH-919R
2019年家電
CH-99R
2019年一般
DH-918R
2018年家電
CH-98R
2018年一般
Amazon 15,280 15,790 14,900
楽天 14,066 14,800 13,480 12,800
ヤフー 15,280 13,800 12,900 16,180

コアヒートの最安価格比較表

  • 電源ケーブルの長さがDH(家電量販店モデル)のみ40㎝長い(2.4m)
  • 色はCH(一般モデル)がホワイト、DH(家電量販店モデル)、AH(ホームセンターモデル)がシャンパンシルバー

コアヒート ホワイトコアヒート シャンパンシルバー

という違いがありますが基本性能は同じです。
また、2018年モデル、2019年モデルも基本性能は同じですので安いモデルを選んでOKです。
※アマゾン限定モデル(AH-12RA)もありますが価格が高いだけなので除外しています。

DH-1219R
2019年家電
AH-129R
2019年HC
CH-129R
2019年一般
DH-1218R
2018年家電
AH-128R
2018年HC
CH-128R
2018年一般
Amazon 22,980 20,900 20,000 22,403
楽天 21,200 20,900 20,850 18,800 20,000 22,642
ヤフー 21,200 20,800 19,980 19,500 22,800 22,713

セラムヒートの最安価格比較表

型番の「CER」は通信販売向け、「ERFT」は家電量販店向けとなっています。
また、2019年モデル(2018年発売)、2020年(2019年発売)モデルの基本性能は同じですので安いモデルを選んでOKです。

セラムヒート色の違い

ERFT11WS-W
2020年ホワイト
ERFT11WS-H
2020年グレー
CER11WS-W
2020年ホワイト
ERFT11VS-W
2019年ホワイト
ERFT11VS-H
2019年グレー
CER11VS-W
2019年ホワイト
Amazon
楽天 28,640 28,630 27,800 29,200 27,800 29,200
ヤフー 28,633 28,633 27,800 46,864 28,000 29,000
関連記事

気軽にコメントどうぞ