省令案:端末値引上限2万円・キャッシュバック廃止
トータル料金で値上げされる可能性があるため駆け込み需要で混雑してます。

WordPress向け厳選サーバー比較表 間違いなくおすすめはConoha VPS(KUSANAGI)

WordPress向け厳選サーバー比較表 間違いなくおすすめはConoha VPS(KUSANAGI)

WordPressにおすすめのレンタルサーバーを比較していきます。
数多くのレンタルサーバーがありますが厳選した以下の4つを比較します。

wpXクラウド・エックスサーバー ・Conoha WING・Conoha VPSの料金・性能比較表

wpX
グレードA
エックス
X10
WING
ベーシック
VPS
1GB
初期費用 0円 3000円 0円 0円
月額料金 500円 3ヶ月契約1200円
6ヶ月契約1100円
1年契約1000円
2年契約950円
3年契約900円
1200円 900円
最低利用期間 3ヶ月間
時間請求 × ×
SSD容量 10GB 200GB 200GB 50GB
MySQL数 1 50 60 無制限
MySQL容量 500MB 1GB 1GB 1GB
MySQL ver 5.6系 5.7系 5.7系 5.7系
PHP ver 7.2系 7.2系 7.3系 7.3系
転送量 300GB 2.1TB
(70GB/日)
2.5TB 無制限
PV
(2MB/PV)
15万PV 105万PV 125万PV 無制限
速度順位 4 2 2 1
  • wpXクラウド
    基本的に1つのブログしかできないがスペックは初心者には必要十分、初期費用無料で月額料金が安い。管理画面も簡易で分かりやすい。
  • エックスサーバー
    初期費用もかかるし、月額料金も高め、3ヶ月以上の縛りもある。3年契約は900円と安めだが初期費用を考えると微妙になってくる。
    しかし最大手の安定した速度は間違いない。
  • ConoHa WING
    月額は高めだが性能が良い。後発のサーバーなので管理画面が分かりやすくできており、バランスが良い。
    ただし注意点もあり。(後述)
  • Conoha VPS(KUSANAGI)
    KUSANAGIで最速かつ値段もお手頃。通常のブログであれば50GBもあれば十分。KUSANAGI managerのおかげで初心者でも導入できるようにはなっているが本来、玄人向けで癖があるのでクーポンで試すと良い。
    ※現在、サブドメインは簡単に構築できますがサブディレクトリは専門知識が必要なので要注意。

以下のような感じで決めると良いかもしれません。

  • ブログを続けられないかもしれない・速度快適さは気にしないという人
    とりあえずwpXクラウドから始めて、PVが増えてくるか表示速度が気になってきたらWINGかVPSに移行するのが良さそうです。
  • 複数のブログを始めたい・サーバー移行が面倒・ブログをがっつりやりたい・最速快適が良いという人
    Conoha VPSから始めると良いでしょう。よく広告リンク経由限定で700円のクーポンが付いていることがあるので試しに使ってみてみると良いでしょう。
    合わない人はConoHa WINGまたはエックスサーバーが良いでしょう。

wpXクラウド・エックスサーバー ・Conoha WING・Conoha VPS 体感速度の感想

wpXサーバー→エックスサーバー→ConoHa WING→ConoHa VPS(待機中のためお試し)と移行した感想です。

  • wpXサーバー
    MySQLのバージョンのせい(5.6,5.7のベンチマーク性能は3倍の差)なのか結構遅く感じます。
  • エックスサーバー
    そこまで遅くはないがConoHa WING速いのでどうしても遅く感じてしまいます。
    ※追記 詳細は後述しますがエックスサーバーの方が安定して速い気がします。
  • ConoHa WING
    体感でわかるほど速くなり、管理画面も快適に操作できます。
    リザーブドプランの1GB(1500円)、2GB(3000円)、4GB(6000円)を試しましたが
    エックスサーバーと比べると1GBでも十分速いです。
    オーバースペックな2GBでも体感的にも速度が速くなったので2GBにしています。
    2GB→4GBは言われてみれば速くなったかな程度でした。
  • Conoha VPS
    1GB(900円)でもサクサクですがやはり安定感が心もとないのでPV増えると厳しい感じです。
    2GB(1750円)は安定感があります。KUSANAGIの推奨スペックは4GB(3420円)ですが2GBで十分の人も多いはずです。
    4GB(3420円)はConoHa WINGの2GB→4GBより体感速度の違いがはっきりわかりました。
    価格もWINGの4GB(6000円)よりかなり安いのでコスパはかなり良いです。

ConoHa WINGからエックスサーバーに戻した話

最初はConoHa WINGは早かったのですがリザーブドプランでも徐々に遅くなっている感じがしたのでエックスサーバー と比較したらあまり変わらないか、逆に遅い時もありました。

格安SIMのようにこっちが速いと言われるとヘビーユーザーが集まって速度が遅くなるのに似ている感じがします。
実際に同居サイトはPVの多い(10万〜50万)サイト・ブログばかりで、エックスサーバーはPVが少ない(1万あるのかどうか微妙な)サイト・ブログばかりでした。

また、ConoHa WINGは特殊なチューニングをしているようでページのデータ量が少し少なくなっており、それが原因なのかは不明ですがたまにモバイル分岐が上手く機能せず、デザイン崩れを起こしてしまうことがあります。

極め付けはConoHa WINGにしてからアドセンスのクリック率、インプレッション収益の数値がかなり減少しました。
アドセンスはエックスサーバーに戻した初日から回復しました。やはりConoHa WINGが原因だったようです。

※テーマとの相性の問題だと思うので単純にConoHa WING=アドセンス悪化ではありません。

WordPressおすすめサーバーは間違いなくConoha VPS(KUSANAGI)

間違いなくオススメは最速で快適なConoha VPS(KUSANAGI)です。
その表示速度と管理画面の快適さを体験すると他のサーバーには戻れません。
という私はサブディレクトリで運用中なので一旦ConoHa WING エックスサーバーで待機中です。

WordPress向け厳選サーバー比較表 間違いなくおすすめはConoha VPS(KUSANAGI)

シェアして頂けると励みになります

省令案:端末値引上限2万円・キャッシュバック廃止
トータル料金で値上げされる可能性があるため駆け込み需要で混雑してます。

気軽にコメントどうぞ