ソフトバンク系MVNOは子会社のLINEモバイルが優位!

ソフトバンク系MVNOは子会社のLINEモバイルが優位!

7月に入ってからソフトバンク回線を利用したMVNOが続々と登場しています。

  • 7月2日LINEモバイル
  • 7月18日ロケットモバイル(データ通信のみ)
  • 7月23日mineo(サービス自体は9月4日〜)

ここではそれぞれを簡単に紹介していきます。

LINEモバイルのソフトバンク回線

LINEモバイルは3月にソフトバンクの子会社となり、その関係でソフトバンク回線を開始しています。

ソフトバンク回線はドコモ、au回線に比べてMVNOがキャリアに支払っている接続料が高いのでドコモ、au回線の格安SIMより月額料金が少し高くなる傾向があります。
しかしLINEモバイルはソフトバンクの子会社ということもあり、ドコモ回線と同じ料金となっているのがポイントです。
また、速度もある程度は保証してくれそうな流れなので当面は安心して使える格安SIMとなっています。

LINEモバイルのソフトバンク回線で使える端末

  • SIMフリー/SIMロック解除済み端末
  • ソフトバンクで購入した以下の端末ならSIMロックされていてもOK
    iPhone5s以降のiPhone
    iPad(第6世代)
    2017年8月以降に発売されたAndroid端末
    ※HTC U11(601HT)・DIGNO G(602KC)も可

iPadが最新の第6世代iPadしか使えないのがネックですね。

LINEモバイルのソフトバンク回線の料金とキャンペーン

1GBはLINEのみデータフリー、
3GB以上はLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータフリーです。

データ SMS付き 音声通話
1GB 500円 620円 1200円
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2220円
10GB 2640円 3220円

7月、8月は▲900円×6ヶ月(音声のみ)とデータ量2倍(7月,8月)のキャンペーン中です。
また、7月、8月はドコモ回線⇄ソフトバンク回線の変更手数料3000円が何回でも無料(音声のみ)なのでソフトバンク回線に問題があった場合は気軽に変更できます。

LINEモバイル

ロケットモバイルのソフトバンク回線

知る人ぞ知る業界最安値の格安SIMです。ソフトバンク回線はデータ通信のみとなっています。月額398円の神プラン(低速200kbpsプラン)は余っているスマホをラジオ・音楽再生機やお子さんの端末として復活させるのに最適です。

ロケットモバイルのソフトバンク回線で使える端末

  • SIMフリー/SIMロック解除済み端末
  • ソフトバンクで購入した以下の端末ならSIMロックされていてもOK
    iPhone5以降のiPhone

LINEモバイルがiPhone5s以降でロケットモバイルはiPhone5以降というのは謎ですがSIMロックされたソフトバンク端末の対応度はLINEモバイルと比べると弱いです。

ロケットモバイルのソフトバンク回線の料金

データプランのみ
神プラン
(低速200kbps)
398円
1GB 790円
20GB 4100円

1GBから20GBの振り幅がありすぎて柔軟なプラン変更が出来ません。
1GBなら月額500円でLINEデータフリーのLINEモバイルにしますねえ。データ20GBの需要がどこまであるか、速度がどれぐらいかというところですが。神プランが一番需要ありそうですが1GB500円のLINEモバイルと比べてしまうと102円の差なので微妙な立ち位置かもしれません。
やはりロケットモバイルはドコモ回線月額298円の神プランが良いでしょう。

ロケットモバイル

mineoのソフトバンク回線

9月4日からソフトバンク回線サービスを開始することで一般向けでは初のトリプルキャリアになります。

mineoのソフトバンク回線で使える端末

  • SIMフリー/SIMロック解除済み端末
  • ソフトバンクで購入した以下の端末ならSIMロックされていてもOK
    iPhone5以降のiPhone
    iPad全機種
    2017年8月以降に発売されたAndroid端末

LINEモバイルより凄いのはiPad全機種というところなのでソフトバンク旧iPadユーザーには最適なSIMになるでしょう。

mineoのソフトバンク回線の料金とキャンペーン

データ SMS付き 音声通話
500MB 790円 970円 1750円
3GB 990円 1170円 1950円
6GB 1670円 1850円 2630円
10GB 2610円 2790円 3570円
20GB 4070円 4250円 5030円
30GB 5990円 6170円 6950円

ドコモ、au回線は2018年7月24日(火)~2018年11月6日(火)の期間中に申し込むと以下の割引があり、音声500MBだと月額333円となります。(ソフトバンクは9月4日〜)

  • auプラン▲977円×6ヶ月
  • ドコモプラン▲1067円×6ヶ月
  • ソフトバンクプラン▲1417円×6ヶ月

さらにソフトバンク回線の場合は2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)17時までに予約すると▲333円×6ヶ月が追加され500MBだと6ヶ月間0円になります。

mineo

LINEモバイルとmineoの音声通話プラン比較

LINEモバイルとmineoの音声通話SIMだけを比較すると下表の通りです。

LINEモバイル mineo
500MB 1750円
(0円×6ヶ月)
1GB 1200円
(300円×6ヶ月)
3GB 1690円
(790円×6ヶ月)
1950円
(200円×6ヶ月)
6GB 2630円
(880円×6ヶ月)
7GB 2300円
(1400円×6ヶ月)
10GB 3220円
(2320円×6ヶ月)
3570円
(1820円×6ヶ月)

mineoの500MBが6ヶ月間0円というのはインパクトがありますがそれ以降はLINEモバイルの1GBより550円も高いことを考えると0円だけで飛びくと後悔するでしょう。
やはり速度も安定していて安いLINEモバイルが狙い目でしょう。

LINEモバイル

ソフトバンク系MVNOは子会社のLINEモバイルが優位!

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。