25日以降キャッシュバック減額予定とのことですので今月乗り換え予定の方はご注意下さい。

UQモバイル GALAXY A30が発売されるもマンスリー割は少ない

UQモバイル GALAXY A30が発売されるもマンスリー割は少ない

UQモバイルのコスパが非常に良いGALAXY A30が2019年6月14日に発売されましたので料金・本体価格・最安維持費・スペック・特徴をみていきます。
今秋には端末サポート(マンスリー割)がなくなることが確定しているのでマンスリー割がいくらか気になるところです。

UQモバイルのスマホ・iPhone料金プラン

UQモバイルのスマホ・iPhone料金プラン

UQモバイルのスマホ・iPhone料金プランは

  • プランS(2GB+1GB)
  • プランM(6GB+3GB)
  • プランL(14GB+7GB)

の3種類のデータ通信量プラン

  • 5分以内通話無料のおしゃべりプラン
  • 月60分(S),120分(M),180分(L)無料のぴったりプラン

の2種類の通話プランの2部構成となっています。

データ通信量の+部分はデータ増量オプション分で2年間はデータ増量オプション(500円)が無料となっています。
2回線目以降はUQ家族割▲500円の割引があります。

※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

S M L
基本料金 2980 3980 5980
ワンキュッパ割(1年間) ▲1000
UQ家族割 ▲500
合計(1年間) 1480 2480 4480
2年目以降 2480 3480 5480

UQモバイル GALAXY A30の本体価格(税込)

UQモバイルのGALAXY A30はプランS/M/L共にマンスリー割が同額です。
他の機種ではM/Lのみ540円増額されるものもあります。
分割の場合、初回のみ+540円です。

MNP・新規
本体価格 31,644円
本体分割金(24回) 1296円×24
マンスリー割 ▲216円×24
実質負担額(24回) 26,460円
(1080円×24)

マンスリー割がかなり少ないです。
2月発売のnova lite3や昨年同時期に発売されたP20 liteは実質0円ですので比較すると高いですね。マンスリー割が5000円程度であれば料金改定後の方が安くなる可能性もありますね。
au版が43200円なのでそれより安いですが。

UQモバイル GALAXY A30の最安維持費(税抜)

本体を一括で購入した場合の最安維持費(税抜)は以下の通りです。

S M L
基本料金 2980 3980 5980
イチキュッパ割(1年間) ▲1000
家族割引 ▲500
マンスリー割(2年間) ▲200
合計(1年間) 1280 2280 4280
2年目 2280 3280 5280
3年目以降 2480 3480 5480

UQモバイル GALAXY A30のスペック・特徴

UQモバイル Galaxy A30
Galaxy A30
メーカー サムスン
発売日 2019年6月
OS Android 9.0
ディスプレイ 6.4インチ FHD+ sAMOLED
CPU Exynos7904
(1.8GHz×2+1.6GHz×6)
ROM/RAM 4GB/64GB
アウトカメラ 1300万画素+
500万画素
インカメラ 800万画素
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP5X
おサイフケータイ あり
認証タイプ 指紋・顔
バッテリー容量 3900mAh
サイズ/重量 160×75×8.0mm/176g
  • 大画面なのに持ちやすい有機ELディスプレイ
  • 長く使っても、ずっと使っても満足が続くバッテリーと快適性能
  • 昼も夜も綺麗に仕上がるそこそこ高性能なカメラ

3万円ほどで有機ELディスプレイでこのスペックはかなりコスパが良いです。
HUAWEIがどうなるか分からない現在ではUQモバイルの最新ミドルレンジはGalaxy A30しか選択肢がない状況ですが、HUAWEIが健在でも十分勝負できるコスパの良い機種ですね。

基本的にキャッシュバック店舗がオススメですがiPhoneの取り扱いがないのでiPhone希望の人は公式で契約しましょう。

UQモバイル GALAXY A30が発売されるもマンスリー割は少ない

25日以降キャッシュバック減額予定とのことですので今月乗り換え予定の方はご注意下さい。

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。MVNOのうち2社だけはSIMだけの販売でしたが他は全て契約・開通まで行なっていました。使用者目線での情報提供を心がけています。