WiMAX W06 WX05 L02の比較、おすすめ機種と主要4社最安料金比較表

WiMAX 2+を提供している会社は本家UQ、家電量販系、プロバイダ系など全て合わせると19社ありますがどこがお得なのかパッと見では不明なので簡単にまとめたいと思います。
19社全て比較するとややこしくなるので月額が安い有名どころだけの比較とします。

まず、WiMAXの機種から比較します。

WiMAX W06 WX05 L02 おすすめ機種は?

WiMAX W06 WX05 L02 おすすめ機種は?
  • HUAWEI W06
    旧機種WX05より悪いですがWX05より良いです。
  • HUAWEI L02
    持ち運びしないならこれが一番安定しています。
  • NEC WX05
    悪評高い旧機種WX04よりマシですが総じてW06より悪いです。

L02・W06の2択で良いかなと思います。

WiMAX おすすめプラン

WiMAXのプランは

  • 月間データ量制限なしのプラン(ギガ放題)
  • 月間データ量7GBのプラン

の2種類のプランがありますが料金は700円ほどの差しかなく、現在の7GBプランの価値はほぼないのでデータ量無制限のギガ放題にすべきでしょう。

WiMAX おすすめ契約年数

WiMAXギガ放題の契約年数は

  • 2年契約
  • 3年契約
    ハイスピードプラスエリアモード(1005円/月)が無料

の2種類あります。
ただし現在は本家以外は3年契約のみとなっています。

WiMAXの電波の周波数は2.5Ghzなので

  • 直進性が高い
  • 遮蔽物に弱い

という特徴があり、LTEの電波と比べると電波の範囲にムラができやすいです。
地下、壁の厚い屋内では圏外になることがあります。
それを回避するためにLTE回線が使えるオプションがあります。
ただ、LTE回線は無制限ではなく7GB/月で速度制限にかかる点には注意が必要です。

WiMaxの速度制限

2017年2月に速度制限の改定がありました。

Wimaxの速度制限
  • 3日間3GBが10GB(改善)
  • 終日制限→混雑時18時~2時(改善)
  • 実測値(1~7Mbps)→1Mbps(改悪)

といった具合で、3日間10GB使用すると18時から2時に1Mbpsの速度制限になっています。
1~7Mbps→1Mbpsの改悪はヘビーユーザーには厳しいでしょうが多くのユーザーにとっては改善と言って良い改定でした。

UQモバイル ギガMAX月割

UQモバイルと合わせることで月割▲300円の割引があります。

詳細→UQモバイル WiMAXとのセット割引 ギガMAX月割

WiMAX 主要4社最安料金比較表

ここでは有名な会社だけのギガ放題を比較します。

税抜表記です。別途事務手数料3000円かかります。
翌月を1ヶ月目と起算するので37ヶ月計算にしています。
初月日割なので厳密には違います。
So-netの月額はコース料金200円込みです。
UQ (本家) So-net DTI Broad GMO
とくとくBB
2年契約可否
(CBなし)
× × × ×
キャンセル可否 × × × 8日以内に申請
7日以内に返品
20日以内に
申請&返品完了
端末代金 2800 0 0 0 0
月額料金 1~3
3696円
4~37
4380円
1
0円
2~13
3380円
14~37
4379円
1,2
0円
3
2590円
4~37
3760円
1~3
2726円
4~25
3411円
26~37
4011円
1~3
2170円
4~37
3480円
CB  ▲13,000
合計 147,008円 145,656円 130,430円 131,352円 124,830円

こんな感じで本家より主要4社が安いですが2年契約ができないので2年で良い人は本家、3年の人はその他という感じですね。

現在は以下の通りがオススメです。

GMOとくとくBBだと20日以内のキャンセルでも違約金不要(エリア判定○のみ)なので初めての方には安心感がありますね。(Broadは窓口経由で他社に乗り換えないと違約金が発生するので注意)
初めてWiMaxを使う方はとりあえず、GMOとくとくBBを選んでおくと間違いないでしょう。

主要キャリアの公式&裏キャンペーン

:事務手数料無料
:頭金なし(実店舗では発生)


コメント返信には数日要する場合があります。

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。全社同時に契約・開通まで行ない、全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。当サイトでは使用者目線の情報をわかりやすく解説するように心掛けています。