ワイモバイル PHS 2020年7月末で終了するけどかけ放題・事務手数料が無料のチャンス!

PHS終了まで1年切っているので再アップしました。

ワイモバイルは2018年3月末にPHSの新規・機種変更の受付を終了しましたがついに2020年7月末でサービス自体(個人向け)の終了すると発表しました。

現在、ワイモバイルのPHSを使っている人は2020年の7月末までにガラケーまたはスマホに乗り換える必要があります。

ワイモバイル PHS かけ放題と契約事務手数料無料!

2017年8月からPHSからケータイ・スマホに機種変更するとかけ放題オプションのスーパーだれとでも割(月額1080円)が無料になるキャンペーンを実施していました。

  • 期間
    2017年8月1日~2020年7月末
  • 対象年齢
    12歳以上
  • 対象プラン
    スマホプランS/M/L
    ケータイプランSS

そして今回の終了発表に伴って、事務手数料も無料となりました。
ケータイであればかけ放題が月額1008円(税込)で使えます。

以下が最安ケータイ Simplyの場合の内訳です。

ケータイプランSS 1008
ベーシックプラン 324
データ定額 0〜
スーパー誰とでも定額 1080
ずっーと無料キャンペーン ▲1080
本体分割 972
月額割引 ▲972
合計
(ベーシックプランなし2年間)
(ベーシックプランなし3年目以降)
1332〜
(1296)
(1008)

さらにこのキャンペーンが良いのは以下の点でしょう。

  • 機種変更なので乗り換えの手間と手数料がかからない
    ネットだけで手続きが完結しますし、MNP手数料や違約金が必要ありません。
  • 機種変更をするまでずっと適用される
    機種変更をしない限り、ずっと1008円(ベーシックプランなし)で電話かけ放題の回線を持つことができます。
    もし端末が壊れてもフリマ・オークションなどで端末を購入してSIMだけ差し替えればOKです。

かなりお得なのでPHSの人は他社に乗り換えず機種変更すべきでしょう。
機種変更なのでネットで簡単に手続きできるのも良いですね。

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。全社同時に契約・開通まで行ない、全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。当サイトでは使用者目線の情報をわかりやすく解説するように心掛けています。