MNPキャッシュバック、実質0円、一括0円、業界の動向と必ずキャッシュバックがある店舗

ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルの新料金プラン比較

2 min 36 views
楽天モバイルのロゴ

新型コロナの影響で日に日にスマホの在庫が枯渇してますので特に月内切り替えの方は早めに問い合わせて在庫確保して下さい!

ワイモバイル・UQモバイル・楽天モバイル(MVNOとして)の新料金プランが出揃ったので簡単に比較してみます。

ワイモバイル UQモバイル 楽天モバイルの新料金プラン比較

ワイモバイル UQモバイル 楽天モバイル
料金 3GB2680円
9GB3680円
13GB4680円
3GB1980円
9GB2980円
14GB3480円
2GB2980円
6GB3980円
14GB5980円
24GB6980円
割引 新規割▲700円(6ヶ月)
家族割またはおうち割▲500円
家族割▲500円
ギガMAX月割▲300円
楽天会員割▲1500円(1年)
ダイヤモンド会員割▲500円(1年)
無料通話 10分以内無料 10分以内通話無料+700円
60分/月+500円
10分以内無料
かけ放題 あり
(+1000円)
なし なし
最低速度 最大128Kbps 最大300kbps 最大1Mbps
12:00~13:00
18:00~19:00
は最大300kbps
その他特徴 店舗が多い
ヤフープレミアム特典
店舗が少ない 店舗が少ない
楽天市場+2倍

こう比較するとそれぞれの特徴がよく見えてきます。

  • ワイモバイル
    10分以内通話無料・かけ放題+1000円
    6ヶ月間1980円(家族割で1480円)、その後2680円(家族割で2180円)
  • UQモバイル
    期間限定割引がなくずっと1980円(家族割で1480円)
    14GBプランが割安
  • 楽天モバイル
    10分以内通話無料・1Mbps
    最安で1年間980円、2年目〜2980円と結構高いです。
    最安2年間平均1980円ですが3年目以降も利用すると平均料金が上がってしまいます。
    14GB以上が割高

電話はあまりせず、データ通信をよくする層はUQモバイルが良さそうですね。
データ通信をあまりせず電話をそこそこする層や実店舗のサポートが必要な人はワイモバイルが良さそうです。
楽天モバイルは少し中途半端な感じがします。

ワイモバイル・UQモバイルにしろ、月額割引(マンスリー割引)とキャッシュバックがなくなる前に乗り換えておくのが最安になるのでお早めに!

ワイモバイル・UQモバイルのキャッシュバック店舗を紹介しています。
MNPキャッシュバック、実質0円、一括0円、業界の動向と必ずキャッシュバックがある店舗

新料金プランまとめと記事一覧

2019年9月,10月開始の新料金プランは 楽天モバイルが基地局整備に遅れたため、MNOをしての新料金を発表できなかったことから各社が

  • ドコモ・auは違約金1000円・契約期間のないプランと2年定期契約プランの月額料金の差170円 ※SB、YM、UQは基本的に縛り・違約金を廃止
  • ワイモバイル・UQモバイル・ソフトバンク(ガラケー・タブレット)が完全分離プランへ(月月割・月額割引・マンスリー割廃止)

という内容になっているだけです。サブブランドは完全分離プランにより少し変化がありましたが大手キャリアはほぼ変化はありません。 ※ソフトバンクのガラケー完全分離プラン導入は大きかったですが。。。 本格的な新料金プラン変更は楽天モバイルがMNOとしての新料金プランを発表してからになるでしょう。 要はそれまでは料金据え置きのため、法改正の端末値引き2万円上限により10月〜真の新料金が開始されるまでは実質値上げになる見込みですね。

関連記事

気軽にコメントどうぞ