【2023年テザリング料金比較】ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル 格安SIM

2 min

一括1円スマホがなくなる流れになっているのでお早めに!

おすすめキャンペーン

↓リンク経由のみ当サイト限定サポート対象
iPhone Pixel スマホ最安1円※2/28迄&在庫少し!
LINEMO 13,000円キャッシュバック※2/6迄
IIJmio 初期費用割引2480円スマホ※2/28迄
OCNモバイル 初期費用+1ヶ月分無料※2/28迄
ドコモ 最大55,000円割引※在庫限り
ワイモバイル 1円スマホ&6000円還元エントリー忘れ注意!
UQモバイル 13,000円還元
楽天モバイル 24,000円還元
4GB月額1078円+一括1円
無制限最安月額748円+一括1円

アドブロックにより一部のCP専用リンクが表示されないことがあるのでその場合はアドブロックを解除して下さい。

この記事ではドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイル、格安SIMのテザリング料金を比較しています。
最近は無料化の流れがあるのでそのうち全て無料になるかもしれません。

テザリングとは?

テザリングの様子

テザリングとは外出先などWi-Fiがないところでスマホのデータ通信を使ってノートパソコンやタブレットでもデータ通信をする機能のことです。
他には自動車内のレーダー探知機のGPSデータを更新するのに使ったりもしますね。

現在は多くの場合は無料ですが、過去には無料期間終了後に有料になるプランもありました。
旧プランでは2年の無料期間があるので最初にテザリングオプションを付けて、そのまま付けたままという人も多くいるので注意して下さい。

ドコモのテザリング料金は無料になった

ドコモは2017年7月末にウルトラパックのテザリング料金無料期間を期間を設けずに延長することを決定したことで

全てのプランにおいて無料!

現時点ではテザリングによってネットワーク設備への影響が発生していないので無料のまま、今後何か問題があれば有料化の検討をする可能性もあるとこのこと。

auのテザリング料金は新料金プランから無料になった

auのテザリング料金

auのテザリング料金は旧プランでは有料ですが新料金からは無料になっています。

ソフトバンクのテザリング料金は新料金は無料

ソフトバンクは2021年3月17日の新料金プランからようやくテザリング料金が無料となりました。

ソフトバンクテザリング料金表

ただし、スマホデビュープランはテザリング料金がかかってしまいます。
たまにテザリングする人は楽天モバイルなどのテザリング用の回線を別途0円維持しておくと良いでしょう。

楽天モバイルの特徴とキャンペーン一覧です。

  • 3段階制 3GB 1078円・20GB 2178円・無制限 3278円
  • 電話かけ放題0円(Rakuten Link経由)
  • 事務手数料無料
  • 違約金なし
  • SIMだけ契約 楽天ポイント最大20,000円
  • 機種購入で楽天ポイント最大30,000円
    ※実質1円機種あり

まだプラチナ回線(山岳部・地下・ビル間に強い回線)がないので現段階ではサブ回線として持つのがおすすめです。
1GB未満実質0円・事務手数料無料・違約金もなしで実質1円機種もあるので得しかないのでとりあえず2022年10月までは新規契約でサブ回線として持つのがおすすめです。

ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安SIM)のテザリング料金は無料

ワイモバイル、UQモバイル、MVNO (格安SIM)のテザリング料金はずっと無料です。

mineoとIIJmioのテザリング問題解決済み(2018年11月)

mineoとIIJmioでは全てのiPhoneとiPadのテザリングができませんでしたができるようになっています。

UQモバイルのテザリング問題解決済み(2018年11月)

UQモバイルは他のau系MVNOとは違い、iPhone8以降(最新モデル、1世代前モデル)だけテザリング不可という状況でしたができるようになっています。

テザリング料金のまとめ

現在の新料金プランにおいて、テザリングの料金は基本的に無料となっていますので新料金の方はご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です