【お試しSIMに最適】半年間0円

ワイモバイルの料金プランとキャンペーン・特典

ワイモバイルのスマホ・ガラケー・タブレット・ソフトバンク光の料金・特徴・キャンペーン・ニュース等を紹介しています。

維持費(月額料金)をドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイル・MVNO(格安SIM・格安スマホ)と比較した記事もあるので新規契約・機種変更・MNP(他社から乗り換え)の参考にして下さい。

まずMVNO(格安SIM・格安スマホ)を選ぶ時に迷ったらとりあえず速度が安定しているワイモバイルかUQモバイルを選んでおけば間違いないです。
※他の格安SIMは混雑時(7~9時の通勤・通学の時間帯、12時~14時のお昼休みの時間帯、17~19時の退勤や下校時間、21時~23時の帰宅後)の速度がかなり遅くなる傾向にあり、ネット検索すらストレスになるほど遅くなることもあります。

ワイモバイルのおすすめキャッシュバック店舗

実店舗では事務手数料や頭金が追加される場合があるのでより節約したい人はオンラインショップをお勧めしています。 ※特に最近は公式オンラインショップやネット代理店に流れており、実店舗の経営が難しくなっているため頭金が1万5千円以上するお店が増加しています。

ワイモバイルのスマホ・iPhone料金プラン

ワイモバイルのスマホ・iPhone料金プラン

ワイモバイルのスマホ・iPhone料金プランは

  • プランS(3GB+1GB)
  • プランM(9GB+3GB)
  • プランR(14GB+3GB)

の3種類です。+部分はデータ増量オプション分で2年間はデータ増量オプション(500円)が無料となっています。

ワイモバイルは10分以内通話無料が標準で付いており、スーパー誰とでも定額(1000円)を付けるとかけ放題も可能です。

家族割引サービス(▲500円)とおうち割光セット(▲500円)は併用ができません。
※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

S M R
基本料金 2680 3680 4680
新規割(6ヶ月間) ▲700
おうち割 光セットor 家族割引サービス ▲500
合計(6ヶ月) 1480 2480 3480
8ヶ月目以降 2180 3180 4180

ワイモバイルのケータイ(ガラケー・ガラホ)料金プラン

ワイモバイルのケータイ(ガラケー・ガラホ)料金プランは

  • ケータイプランSS
    1時から21時までワイモバイルやソフトバンクへの通話し放題

の1種類だけです。
PHS向けのケータイプランは2018年3月31日で新規受付終了となっています。
※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

ケータイプランSS かけ放題
基本料金 934
ベーシックパック 300
パケット定額 0〜4500
スーパー誰とでも定額 1000
合計 1234〜 2234〜

新規の場合、ワイモバイルが最安になります。
詳しくは→電話だけの新規・MNPガラケー最安維持費ランキング

ワイモバイルのタブレット・iPadの料金プラン

ワイモバイルのタブレット・iPadの料金プラン

ワイモバイルのタブレット・iPadの料金プランは

  • データベーシックプランS 1GB
  • データベーシックプランL 7GB

の2種類あります。

ソフトバンク光とソフトバンクAirの料金プラン

下表はソフトバンクAirとソフトバンク光の維持費比較表です。
おうち割に加入する前提で光は光BBユニットレンタルなどのオプションパック500円込みです。
※光BBユニットは夜間の混雑時でも速度が安定するv6プラスを利用するためにも必要です。

SB Air 分割 SB Air レンタル SB光 マンション SB光 戸建
縛り 実質4年 2年
2年間 4300円 4790円 4300円 5700円 NURO光 5243円
3年目以降 4880円 5370円

Airのレンタルと光のマンションを比較すると光のマンションの方が安いです。
マンションでフレッツ光の回線が引ける人は安定した速度かつ安いソフトバンク光にした方が良いでしょう。
関東・関西・東海の人はNURO光も選択肢に入れると良いでしょう。
※ワイモバイルではNURO光でおうち割は適用できないので注意して下さい。