【最安で購入する方法】SIMフリー iPhone 11 12 13 mini/Pro/Pro Max SE(第3世代) スペック・サイズ・重さ・カメラ性能・最安価格比較

8 min
iPhone 最安

一括1円スマホがなくなる流れになっているのでお早めに!

期間限定キャンペーン

↓リンク経由のみ当サイト限定サポート対象
iPhone Pixel スマホ最安1円※11/28迄
IIJmio 初期費用半額2480円スマホ※11/30迄
ワイモバイル 23000円還元※11/30迄
UQモバイル 18000円還元※11/30迄
au Amazonプライム1年間無料※11/30迄
LINEMO 13000円還元※12/4迄
OCNモバイル スマホ最安2750円※12/26迄
ahamo 大盛りオプション実質無料※12/31迄
ドコモ 最大55000円割引※在庫限り
楽天モバイル 24000円還元
ワイモバイル+6000円還元※よくエントリー忘れるので注意!

アドブロックにより一部のCP専用リンクが表示されないことがあるのでその場合はアドブロックを解除して下さい。

ここでは

  • 使えなくなるiPhone
  • iPhoneのスペック・サイズ・重さ・カメラ性能比較
  • iPhoneを最安で購入する方法・最安価格比較

など、まとめています。

まず、使えなくなるiPhoneについてまとめています。

iPhoneいつまで使える?使えなくなるiPhone一覧

まず、使えなくなる理由には

  • 3Gの終了
    電波を掴まなくなるのでWi-Fiでしか使えない状態になります。
  • iOSの対応終了
    iOSアップデートが終了するのでセキュリティ的に危ない状態になります。

の2種類があります。どちらも完全に使えなくなりませんが通常利用は厳しい状態ですので新しい機種に乗り換えることをお勧めします。

3G終了で使えなくなるのは4G・VOLTE非対応機種

3Gが停波するとどのスマホ・ガラケーでも3G電波は使えなくなります。
4Gはそのまま使えるので使えなくなるのは
3Gのみに対応した機種だけです。
※4G対応していてもVOLTE非対応機種(5,5s,5c)も使えなくなります。
iPhoneだと6以降は3G停波を気にしなくても大丈夫です。
各社の3G停波時期については下記の記事を参考にして下さい。

最新iOS15でサポート終了するのは?

iOS13、iOS14、iOS15ではiPhone6以前(3G,3Gs,4,4s,5,5s,5c,6,6Plus)のサポートが終了しています。

ですので最低でもiPhone6s以降の機種を使うようにしましょう。

iPhoneのSIMロックに関して

SIMロックが原則禁止になったことでiPhone 13からキャリアでもSIMフリー版での販売となっています。
※iPhone13より前の機種でSIMロックされてても、ネットにて無料でSIMロック解除ができます。詳細は下記の記事で確認して下さい。

iPhoneの性能・スペック比較表

iPhone旧機種を含めたスペック比較表を載せたいと思います。

細かな違いは公式ページを確認して下さい。

Antutuベンチマークのスコアは画面サイズやRAMによっても変わってきますがざっくりの数値を載せていますので参考程度にして下さい。

発売年度 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
機種名
13Pro/Max 13/mini 12Pro/Max 12/mini 11Pro/Max 11 XS/Max XR X 8/Plus 7/Plus SE/6s/Plus 6/Plus
ディスプレイ 6.1/6.7
有機
ProMotion
6.1/5.4
有機
6.1/6.7
有機
6.1/5.4
有機
5.8/6.5
有機
6.1
LCD
5.8/6.5
有機
6.1
LCD
5.8
有機
4.7/5.5
LCD
4.7/5.5
LCD
4/4.7/5.5
LCD
4.7/5.5
LCD
CPU A15 A14 A13 A12 A11 A10 A9 A8
ベンチ   60万 45万 36万 24万 18万 13万 8万
メモリ 6GB? 4GB? 6GB 4GB 4GB 3GB 3GB 2GB/3GB 2GB/3GB 2GB 1GB
ROM

128GB
256GB
512GB
1TB

128GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64G
128GB
64GB
128GB
32GB
128GB
32GB
128GB
16GB
64GB
5G あり なし
DSDS あり(eSIM) 海外版のみ なし
ワイヤレス充電 Mag Safe あり なし
FeliCa あり なし
Wi-Fi6 あり なし
防水 水深6m 水深4m 水深2m 水深1m なし

メモリ2GBの機種は結構動きがモッサリしてきたのでせめて3GB、できれば4GB以上の機種を選ぶようにしましょう。

iPhoneのサイズ・重さ比較表

サイズ・重さの単位はmm・gで差がわかりにくいですが長時間使ってみると結構違います。
Plus(Max)系は大きく重くて後悔する人が結構いるので要注意です。

小さめのノーマルタイプだけの比較表(サイズ順)です。

サイズ(mm)重さ
iPhone XR/11150.9×75.7×8.3194g
iPhone 13/13 Pro146.7×71.5×7.65173g/203g
iPhone 12/12 Pro146.7×71.5×7.4162g/187g
iPhone 11 Pro144.0×71.4×8.1188g
iPhone X/XS143.6×70.9×7.7174g/177g
iPhone 8/SE(第2世代)138.4×67.3×7.3148g
iPhone 6s/7138.3×67.1×7.1143g/138g
iPhone 6138.1×67.0×6.9129g
iPhone 13 mini131.5×64.2×7.65140g
iPhone 12 mini131.5×64.2×7.4133g
iPhone SE123.8×58.6×7.6113g

大きなPlus・Max系だけの全機種の比較表(サイズ順)です。

サイズ(mm)重さ
iPhone 13 Pro Max160.8×78.1×7.65238g
iPhone 12 Pro Max160.8×78.1×7.4226g
iPhone 11 Pro Max158.0×77.8×8.1226g
iPhone XS Max157.5×77.4×7.7208g
iPhone 8 Plus158.4×78.1×7.5202g
iPhone 6s Plus/7 Plus158.2×77.9×7.3192g/188g
iPhone 6 Plus158.1×77.8×7.1172g

iPhoneのバッテリー持ち比較

最新のAppleのバッテリー持ちの指標としているのは

  • ビデオ再生
  • ビデオ再生(ストリーミング)
  • オーディオ再生

の3種類です。
比較しやすいようにビデオ再生のみを比較をします。

iPhone 13 Pro Max28時間
iPhone 13 Pro22時間
iPhone 11 Pro Max/12 Pro Max20時間
iPhone 1319時間
iPhone 11 Pro18時間
iPhone 11/12/12Pro/13 mini17時間
iPhone XR16時間
iPhone XS MAX/12 mini15時間
iPhone 6 Plus/6s Plus//7 Plus/8 Plus/XS14時間
iPhone 7/8/X/SE/SE(第2世代)13時間
iPhone 6s11時間

iPhoneのカメラ比較

メインカメラの画素数は6sから1200万画素で変化ないので記述していません。
13系から無印とProの差別化が顕著になったので別にしています。

13Pro13/mini12系11系XS/XR系8/X系7系6s系
広角カメラƒ/1.5ƒ/1.6ƒ/1.6ƒ/1.8ƒ/1.8ƒ/1.8ƒ/1.8ƒ/2.2
超広角カメラƒ/1.8ƒ/2.4ƒ/2.4ƒ/2.4
望遠カメラƒ/2.8ƒ/2.2
↑MAX
ƒ/2.0
ƒ/2.0ƒ/2.4ƒ/2.4
(Xのみ進化)
ƒ/2.8
(Plusのみ)
インカメラ1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素700万画素700万画素700万画素500万画素
スマートHDR44321

カメラの進化がスペック上ではわかりにくいのでどう進化してきたか主な変更点だけに絞って経緯を載せたいと思います。

iPhone6/Plus/SE→iPhone6s/Plus

  • アウトカメラ 800万画素→1200万画素
  • インカメラ 120万画素→500万画素
  • Live Photos対応
  • Plusは光学式手ブレ補正機能がついた(ブレにくくなった)

iPhone6s/Plus→iPhone7/Plus

  • f2.2→f1.8(明るいレンズになり暗いところで黒潰れしにくくなった)
  • インカメラ 500万画素→700万画素
  • LEDフラッシュ 2色→4色(白飛びしにくく自然になった)
  • 7にも光学式手ブレ補正機能(ブレにくくなった)
  • Plusは望遠レンズがついてデュアルレンズに(ズーム時の画質が向上)
  • Plusはポートレート機能(一眼レフ風のボケのある写真が撮れるようになった)

iPhone7/Plus→iPhone8/Plus/X

  • センサーのダイサイズが少し大きくなった(少し画質向上)
  • スローシンクロフラッシュ機能(暗い部屋で手前の人やものにだけ光を当たるのを軽減し自然になった)
  • Plusにポートレートライティング機能(背景をボカしつつ人物だけ明るくなる)
  • Xはデュアル光学式手ぶれ補正(より手ブレに強い)
  • Xの望遠レンズはf2.8光学式手ブレ補正なし→f2.4光学式手ブレ補正あり(望遠の画質向上)

iPhone8/Plus/X→iPhoneXS/Max/XR

  • センサーサイズが1.2μm→1.4μmに(画質向上)
  • CPU A12(ISP)の進化により顔、体、背景の認識が可能に(ボケが綺麗になり、後から調整が可能に)
  • スマートHDR機能(より明暗になり高精細)
  • ゼロシャッターラグ(動体が撮りやすくなった)
  • ビデオがステレオ録音に(臨場感のある音)
  • インカメラにビデオ手ブレ補正 (自撮り動画に最適?)

iPhoneXS/Max/XR→iPhone 11/11Pro

  • インカメラが700万画素→1200万画素
  • 超広角カメラが追加
    超広角カメラ
  • ナイトモード
    ナイトモード
  • 次世代のスマートHDR(より明暗になり高精細)
  • Deep Fusion(質感・細部・ノイズの最適化)

iPhone 11/11Pro→12/12mini/12Pro/12ProMax

  • 広角カメラ(F1.8→F1.6)
  • スマートHDR 3で明るい場所でも白飛びを抑え、ディテールとコントラストが上がっている
  • ナイトモードがより明るく
  • 超広角カメラでもナイトモード可能
  • Pro Maxのみ広角カメラのセンサーサイズが47%拡大
  • Pro Maxのみ広角カメラの手ぶれ補正がセンサーシフト光学式で動画がより滑らか
  • 望遠カメラ Pro 52mm、Pro Max 65mm(35mm版換算)でMaxの方がより遠くを撮れる

12/12mini/12Pro/12ProMax→13/13mini/13Pro/13ProMax

  • 広角カメラはセンサーサイズが大きくなった
    無印/miniは47%、Proは2.2倍光が多く取り込める
  • 超広角カメラはより速いセンサー、
    さらにProは92%多い光を取り込めるセンサー
  • スマートHDR 4
    1つのシーンで最大4人の異なる人物を認識し、一人ひとりのコントラスト、明るさ、さらには肌のトーンまで最適化できるようになりました。みんなが満足するベストショットが撮れます。
  • 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード搭載、撮影後にボケを調整可能
  • 12ProMaxだけに搭載されていたセンサーシフト光学式が全モデルの広角カメラに搭載された
  • Proはマクロ撮影が可能に
  • Proの望遠カメラは12 Pro 52mm、Pro Max 65mm(35mm版換算)から77mmになったことでより遠くを撮れるようになった

iPhoneの現行モデル一覧とAppleストア販売価格(税込)

iPhone 13シリーズが発表されたことでiPhone12 proシリーズは販売終了されました。

64GB128GB256GB512GB1TB
iPhone13 Pro Max134,800円146,800円170,800円194,800円
iPhone13 Pro122,800円134,800円158,800円182,800円
iPhone1398,800円110,800円134,800円
iPhone13 mini86,800円98,800円122,800円
iPhone1286,800円92,800円104,800円
iPhone12 mini69,800円75,800円87,800円
iPhone1161,800円67,800円
iPhone SE(第2世代)49,800円55,800円

iPhoneを購入できる場所は?

iPhoneを購入できる場所は大きく分けて以下の4通りあります。

  • APPLEストア
  • 家電量販店(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ビックカメラ・ケーズデンキ・ジョーシン・エディオン・コジマなど)
  • ネットショッピング(Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング)
  • キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・ワイモバイル・UQモバイル)

それぞれでお得に購入できる方法・メリット・デメリットを説明していきます。

APPLEストアでiPhoneを安く購入する方法

デメリット
  • 価格が高い
メリット
  • 返品ができる
  • APPLEだから安心

APPLEストアの最大のメリットは2週間以内であれば返品が可能な点です。
購入したけど自分には合わなかったという製品に問題がない場合にも返品ができるので、無印からmini、MAXなどに変更する時などサイズが自分に合うのか不安だという場合にも最適です。
サイズ変更もなく、順当にアップグレードする場合はより安く購入できるネットショッピングかキャリアが良いですね。

デメリットとしては正規価格なので他で購入するより価格が高い点です。
ちなみに学割はiPad・macのみでiPhoneには適用されません。

Apple製品を安く購入する方法
  1. STEP

    楽天市場でApple Gift Cardを購入

    楽天市場経由で購入することでポイント分お得です。
    ※Apple Gift CardはApple製品だけでなく、アプリ内課金、Apple Music、iCloudなどのサブスクリプションにも使用可能です。

  2. STEP

    楽天リーベイツ経由でApple製品を購入

    楽天リーベイツ経由で購入することで1%以上のポイントがもらえます。

家電量販店でiPhoneを安く購入する方法

デメリット
  • 価格が高い
  • 取扱店が限られている
  • キャンペーンが複雑
  • 基本的に返品ができない

メリット
  • 家電独自のキャンペーンがあれば安くなることもある
  • 家電量販店のポイントが使える

家電量販店ではたまに独自キャンペーンをしているところもありますが本当にたまになのでそれを期待しない方が良いでしょう。
常時付与ポイントとして1%あり、家電量販店のポイントが使えるのもメリットです。

APPLEストア独自の2週間以内返品ができない点、基本的に正規価格で高いというのがデメリットです。
基本的に家電量販店のポイントを使いたい場合だけと考えた方が良いかもしれません。

こちらも少しでもお得に購入したい場合は楽天リーベイツ経由で各家電量販店のオンラインストアで購入すると1%または1.5%の楽天ポイントが付与されます。

ネットショッピングでiPhoneを安く購入する方法

デメリット
  • 基本的に返品ができない
  • 購入店がマイナーな場合は不安
  • 発売すぐは在庫が少ない
メリット
  • 価格が安い
  • 独自の補償があるところもある

ネットショッピングはAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングが主流ですがその中でもどこがおすすめなのか詳しく見ていきます。

楽天市場とYahoo!ショッピングでは新品未開封品として販売されているので質は安定していますし、不具合があったとしてもAPPLEが1年間の保証をしてくれるので安心です。
また、楽天では楽天あんしんショッピングサービスとしてブランド模倣品・未着・欠陥品などの補償を30万円/回が年間5回あるので変な店舗は淘汰されていく仕組み作りがされているので基本的に安全です。
Yahoo!ショッピングは未着トラブルお見舞い制度と5年間の補償サービスがあるのでかなり安心です。
Yahoo!ショッピングのお買いものあんしん補償グレードアップでSIMフリースマホを買う場所が変わる!?

ポイントを含めるとAmazonより楽天・Yahooショッピングが安くなります。
楽天経済圏をフル活用している人は楽天がおすすめですが
私はSB・YMユーザーなのでYahoo!プレミアム無料、5年間のあんしん補償があり、ポイントが多いという点で基本的にYahoo!ショッピングで購入しています。

中古品・整備品済みには注意!

楽天・Yahoo!ショッピングでは

  • 中古品
  • 整備品済み品
    中古品の内部をチェック・修理しているもの
  • 新品未開封品・新品未使用品

の3種類が販売されています。
中古品・整備品済み品は新品より5000円~1万円ほど安い場合がありますが中には動作が不安定なものもあります。
最近はバッテリー交換などの修理グッズが販売されており、YouTubeで修理動画が上がっていて自分で修理している人が増えていますがそういう素人が変に修理しているパターンもあります。
中古・整備品済みのレビューではそういう声がちらほらあるのであまりおすすめしません。

キャリアでiPhoneを安く購入する方法

デメリット
  • 機種変更は安くならない
  • キャリア契約と同時購入が必要
メリット
  • 価格は一番安い

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・ワイモバイル・UQモバイル)では基本的に新規またはMNP(他社からの乗り換え)でないと安くなりませんが最安になりやすいです。

新規で特典(最大)があるのはソフトバンク(代理店)、UQモバイル、ワイモバイルだけです。

事務手数料特典
ドコモ0円
※ネット限定
MNP▲22,000円
au3,300円MNP ▲22,000円
新規 ▲11,000円
(auPay10,000円CB)
※22歳以下&iPhone SE
ソフトバンク0円
※ネット公式限定
公式▲21,600円
※MNP&メリハリ
ネット代理店▲22,000円
※新規・MNP
楽天モバイル0円MNP ▲22,000円値引き
※併用不可CPに注意
5,000円ポイント
※初回申込
UQモバイル3,300円▲22,000円
※新規・MNP&プランM/L
ワイモバイル0円
※ネット限定
▲21,600円
※新規・MNP
\ 公式キャンペーンページをチェック /

おすすめ

スマホ乗り換え.com(SB)

  • 来店不要
    ネット完結で契約ができます
  • 頭金・必須オプション・1,2年縛り・違約金→全てなし
    他キャリアや実店舗では頭金・必須オプションがある場合が多いです。
  • 全機種満額還元のCB2万円or値引き2.2万円
    他キャリアでは新機種1万円の場合が多いです。
  • 新規・機種変更も還元あり
    他キャリアでは新規・機種変更は還元なしという場合が多いです。
  • 当サイト独自サポート付き
    何かトラブルがあっても当サイトが代理店本部との間に入ってサポートしますので初めてのネット契約でも安心して下さい。

当サイト限定サポート&キャンペーン適用のため必ず下記の専用ページから問い合わせて下さい。

管理人

管理人

【実績】契約回線数・相談者数1万超、NHKから取材依頼
ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイル・MVNO(格安スマホ/格安SIM)5社の計10社を販売した経験を元に運営しています。販売だけではなく全社同時に契約・開通まで行ない、固定回線含めた全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。
※IPアドレスのログを取っているので誹謗中傷など不快なコメントに関しては厳正に対処させて頂きます。

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

  1. いつも大変楽しく拝見しております。
    現在3大キャリアでiphoneを使用しており、apple watchもセルラー版を使っているためキャリアの変更は考えていません。新品の最新モデルに端末を変更する場合、キャリアで機種変更、SIMフリー版、あとはapple storeでもキャリア版のものが購入できるようになったようですが、その中だとどれが一番お得になるのでしょうか?

    • nik様

      例えば、ドコモ iPhone 12 64GBだと、
      ドコモ:機種変更101,376円(MNP 79,376円)
      Appleストア:94,380円
      Appleストア キャリア版(実店舗限定):85,580円
      Yahoo!ショッピング・楽天市場:86,000円程度+ポイント(ポイント次第ではMNPと同等に)
      という感じで、最安はMNP≧Yahoo!・楽天>APPLEストアキャリア版の順番になります。

      Appleストア キャリア版も機種変更より安いのでMNPしない条件では選択肢に入ります。
      Appleストア キャリア版は
      ・全国10店舗しかない
      ・事前予約が必要
      というデメリットがあるので注意して下さい。
      Yahoo!ショッピング・楽天市場の価格・デメリットなど比較してみて下さい。

気軽にコメントどうぞ