ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の最安料金プラン・おすすめキャンペーン・機種比較

ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の最安料金プラン・おすすめキャンペーン・機種比較

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)の料金プラン・キャンペーン・機種一覧・本体価格・スペック比較を掲載しています。

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)新料金プラン※ケータイプラン

2019年6月1日から開始しました。

ドコモのガラケー料金プラン ケータイプラン

ドコモのガラケー・ガラホ料金プランは月額1200円のケータイプランのみです。
ネット・EメールをするためのSPモード込みとなっています。
オプションとして

  • 5分通話無料オプション +700円
  • かけ放題オプション   +1700円

という形になります。新料金の大きな特徴は100MBのデータ通信量がついており、その後は128kbpsでデータ通信が使えます。
※1GB1000円で追加可能

※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

無料通話なし 5分以内通話無料 かけ放題
基本料金 1200
通話オプション 700 1700
合計 1200 1900 2900

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)旧料金プラン

ドコモのガラケー・ガラホ料金プランは

  • シンプルプラン(無料通話なし)980円
  • カケホーダイライトプラン(5分以内通話無料)1200円
  • カケホーダイプラン(電話かけ放題)2200円

の3種類あります。
シンプルプランはケータイパック(300〜4200円)は適用不可、シェアオプション(500円)のみ適用可能です。
シンプルプラン以外はケータイパック無しでも月々サポート適用可能(2018年11月〜)です。
※下記、料金プランの金額は税抜表記です。

シンプルプラン カケホーダイライト カケホーダイ
基本料金 980 1200 2200
SPモード 300
ケータイパック 500 300〜4200
合計 1780 1800〜 2800〜

詳しくは→ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の最安料金プラン・おすすめキャンペーン・機種比較

ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)のキャンペーン

現在、ドコモのケータイ(ガラケー・ガラホ)関連のキャンペーンは以下の1種類のみです。

下取りプログラム

ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)機種一覧

ドコモのガラケー・ガラホ機種は以下の4種類あります。

ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)本体価格

本体価格(税込)は以下の通りです。

AQUOSケータイ
P-smartケータイ
カードケータイ らくらくフォン
本体価格 30,456円 31,752円 31,104円
本体分割金(24回) 1269円×24 1323円×24 1,296円×24

ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)スペック比較

AQUOSケータイ(SH-02L) P-smart ケータイ(P-01J) らくらくフォン(F-02J) カードケータイ(KY-01L)
メーカー シャープ パナソニック 富士通 京セラ
イメージ
ディスプレイ 3.4インチ
クォーターHD
(960×540)
3.4インチ
フルVGA
(854×480)
3.0インチ
フルVGA
(854×480)
2.8インチ
アウトカメラ 800万 810万 ×
防水 △防滴
耐衝撃 × × ×
歩数計 ×
ワンセグ ×
Wi-Fi ×
LINE × ×
バッテリー 1680mAh 1800mAh 1500mAh 380mAh
連続通話時間 430分 460分 290分 110分
連続待受時間 500時間 610時間 400時間 100時間
サイズ(mm) 51×115×17.2 51×113×16.9 52×111×16.7 55×91×5.3
重さ 137g 132g 129g 47g
発売月 2019/2 2016/11 2016/12 2018/11
本体価格 30,456円 31,104円 31,752円

P-smart ケータイ(P-01J)とらくらくフォン(F-02J)はLINEのプッシュ通知が不可になるのでLINE目的での購入は控えた方が良いです。
【注意】ドコモ 一部機種でLINE終了またはプッシュ通知停止

という感じで決めれば良いかと思います。

ドコモ ケータイ(ガラケー・ガラホ)の最安料金プラン・おすすめキャンペーン・機種比較

気軽にコメントどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル UQモバイル MVNO(格安スマホ/格安SIM)の計10社を販売した経験を元に運営しています。全社同時に契約・開通まで行ない、全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。当サイトでは使用者目線の情報をわかりやすく解説するように心掛けています。