MENU

全4キャリア所持&無制限で月額3058円!私のスマホ回線紹介 ドコモ HISモバイル au povo ソフトバンク データ通信専用3GBプラン 楽天モバイル 登山 エリア圏外 災害時用 速度遅い 繋がらない対策 ahamo mineoマイそく 日本通信合理的シンプル290

全4キャリア所持&無制限で月額4558円!私のスマホ回線紹介 ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル

月内乗り換えの方はお早めに!
月初契約でも乗り換え前の請求が満額になるので注意!

固定回線キャンペーン

フレッツ光コラボ系なら工事不要の乗り換えで特典付き!

ソフトバンク光 月額980円※タイムセール
楽天ひかり 6ヶ月間0円
IIJmioひかり 1年間割引+15,000円還元

回線を変更しました。

現在の私のスマホ回線を紹介します。

  • メイン回線 ドコモ回線 mineo マイそく 無制限(1.5Mbps・平日昼32kbps) 月額990円
    山に強いので登山にも安心かつ、無制限
  • データ通信メイン回線 楽天モバイル 3GB未満1078円、20GB未満2178円、 無制限3278円、rakutenlink経由で電話かけ放題
  • ヤフープレミアム、PayPayチャージ用 ソフトバンク回線 データSIM3GB990円
  • 非常時用回線 au回線 povo 月額0円
    ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルが繋がらない時用
目次

非常時用回線 au回線 povo 月額0円

非常時用回線 au回線 povo 月額0円 eSIM

まず、非常時用の回線のpovoです。正直povoは不安定で、実際の使用感と速度測定ページの速度との乖離があります。あと、24時間無制限が全く使い物にならない時も多いです。

楽天モバイルの圏外でのローミングエリアがauというのもあり、完全に非常時用として自動解約されたら契約する感じです。

招待コード: LIO7OO9A(10回線限定)

メイン回線 ドコモ回線 mineo マイそく 月額990円

マイそく

ドコモ回線は地方、山などには強い傾向があるので登山する人はドコモ回線は必須です。
私も山を登ることがあるので電話のメイン回線はドコモ回線にしています。

mineoであれば1.5Mbpsで無制限なので基本的にこれで事足ります。
以前は外でガンガン大容量のデータをダウンロード・アップロードすると3日間10GB以上の制限を超えるので楽天モバイルの無制限を使ってましたが、そういう用途は無くなったのでmineoに変更しました。ドコモ回線も少しずつ改善されていることもあってかなり安定してきています。たまに大容量のデータのやり取りが必要になった場合は、楽天モバイルを使うようにしています。

mineoの料金プラン・特徴・キャンペーン
  • 初期費用(事務手数料3300円+SIMカード発行料440円)
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線対応
  • 広告フリー 広告のデータ通信量が消費されない
  • 料金プラン「マイピタ」
    1GB月額1298円
    5GB月額1518円
    10GB月額1958円
    20GB月額2178円
    ※パケット放題Plus 速度1.5Mbpsで使い放題 月額385円(プラン10GB以上は無料)
  • 料金プラン「マイそく」
    平日12時~13時の通信速度が最大32kbpsになる代わりにデータ使い放題になるプラン
    ・スーパーライト速度32kbps月額250円
    ・ライト速度300kbps月額660円
    ・スタンダード速度1.5Mbps月額990円
    ・プレミアム速度3Mbps月額2200円
    ※24時間データ使い放題 330円/回
  • 複数回線割引or家族割引 月額55円割引
  • 10分間かけ放題 月額550円
  • 時間無制限かけ放題 月額1210円
  • 端末値引きセール

「マイピタ」は主要格安SIMと比べると月額料金は高めに設定されていますがフリータンク、パケット放題 Plus、ゆずるね。などの独特な仕組みにより、使い方次第で選択肢に入ります。
「マイそく」は速度はそこまで求めないが、データ通信量はそこそこ使うという人にはかなりお得に使えるのでおすすめです。

サブ回線 楽天モバイル 3GB未満1078円

楽天モバイル料金プラン

基本、mineoの無制限で問題ないので平日昼時の低速時や大容量データのやり取りが必要になった場合に楽天モバイルを使うようにしています。
また、お店などに電話する時などにはrakutenlink経由で通話無料なので楽天モバイルを使うようにしています。
3GB未満月額1078円ですが、通話無料分、楽天市場での買い物でSPU+3%、月最低でも1万円以上は必ず購入するモノがあるので300円は必ず還元されるため、実質月額700円程度です。

楽天モバイルの料金プラン・特徴・キャンペーン
  • 事務手数料無料
  • 3段階制 3GB 1078円・20GB 2178円・無制限 3278円
  • 電話かけ放題0円(Rakuten Link経由)
  • 海外でも2GB無料
  • NBA&パリーグ全試合無料
  • 楽天ポイント13,000円還元
  • iPhone 14 128GB最安

プラチナ回線(山岳部・地下・ビル間に強い回線)を割り当てられましたが、2024年中に一部のエリアで開始する予定なのでまだサブ回線として持つのがおすすめです。
電話かけ放題と無制限を一番安く使うことができるキャリアなのでよく使うエリアで問題なければメインにして格安の他の回線をサブにするのもありです。1円スマホもあるので電波状況を確認するために契約しても損はしません。

ヤフープレミアム、PayPayチャージ用 ソフトバンク回線 データSIM3GB990円 SIM

ヤフープレミアム、PayPayチャージ用 ソフトバンク回線 データSIM3GB990円

通常料金は1408円ですが3ヶ月間無料で5年間990円です。

ソフトバンクのデータSIMは

  • ヤフープレミアム(月額508円)が無料
    ヤフーショッピング+2%還元、PayPay5%クーポン、雑誌読み放題、ヤフーショッピング無料保障(修理代金の90%・5年・5万円)
  • ソフトバンク限定のスーパーPayPayクーポン
    ヤフーショッピング10%還元(月500円迄)、コンビニ、飲食店などの50%還元クーポン

などの特典があるのでこれだけで月額990円は十分ペイ可能なので実質0円以下です。

この記事を書いた人

【実績】契約回線数・相談者数1万超、NHKから取材依頼
ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイル・MVNO(格安スマホ/格安SIM)5社の計10社を販売した経験を元に運営しています。販売だけではなく全社同時に契約・開通まで行ない、固定回線含めた全社の料金を比較し・お客様の状況に合った最適案を提示していました。
※IPアドレスのログを取っているので誹謗中傷など不快なコメントに関しては厳正に対処させて頂きます。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 管理人様

    いつも有益な情報をありがとうございます。
    おかげさまで今まで、ソフトバンクのガラホ300円かけ放題や、スマホデビュープラン(1年間990円, 5分間かけ放題付き)で、お得に使うことができました。
    2023年9月でスマホデビュープランの契約から1年が経過し、料金が月額2,178円になります。(1年おトク割+の期間終了に伴い)
    10月以降のプランを悩んでいたところ本記事を拝見し、ソフトバンクのデータSIM3GB 990円 + 他の通話用SIMの組み合わせに非常に魅力を感じました。

    【教えてください】
    現在のスマホデビュープランに追加してデータSIMを契約、その後他の通話用SIMへMNPとした場合、データSIMは自動解約となりますか?
    先にMNPしてからデータSIMのみを契約する必要がありますか?
    それとも、スマホ用の契約とデータSIMの契約は別物として扱われますか?(=MNPしてもデータSIMだけそのまま使えますか?)

    【質問の背景】
    paypayのソフトバンク限定クーポンが魅力で、これを継続させたいです。
    一度他社へMNPしてからデータSIM契約となると、paypayとソフトバンクアカウントの連携をやり直すことになり不便であるのと、
    スマホデビュープランの契約時に「新トクするサポート」でGoogle Pixel6aを分割購入し(月1円)、与信の関係かまとめて支払いの月額上限が低額でした。
    使用期間とともに徐々に上限額が増えてきたため、再度契約し直し&低額の与信からスタートするのは避けたいです。

    【その他】
    通話SIMの候補としては、本記事でご紹介いただいたHISモバイルやpovo(5分かけ放題550円)を検討しています。
    現在の使用機種;iPhone12(一括購入済み)、データSIM+通話SIMでDSDV運用予定。Pixel6a(カメラ用サブ機)。
    月々の使用状況:データは3GBあれば十分。通話は5分かけ放題がありがたい、なくても30秒9円なら魅力を感じる。留守電サービスは欲しい。

    以上、よろしくお願いいたします。

    • Kimi様

      データSIMプランと
      スマホデビュープラン
      はそれぞれに電話番号が付与され、別回線扱いですので契約・解約の順番は気にしなくてOKです。

      スマホデビュープラン 月額2178円 3GB・5分以内通話無料・留守電プラス(ビジュアルボイス)
      HISモバイル月額1665円 100MB未満月額290円+留守電オプション月額385円+SBデータプラン3GB 5年間月額990円
      povo 月額1540円 月額0円+5分かけ放題550円+SBデータプラン3GB 5年間月額990円

      povoは安いですが留守電ないのが厳しいですね。
      留守電多用する人には「1416」発信でかかる電話料金(22円/30秒)も考慮する必要がありますが、
      SBのビジュアルボイスは誰がいつどんな留守電したか見やすくわかりやすく何度聞き直しても無料なので便利です。※保存期間1週間
      月額500円ほどの差をどう考えるかになりますが、
      3GBで十分、少し電話する、留守電必要という人にとっては
      旧スマホデビュープランは値上げしても結構良い料金プランです。
      ドコモのirumoやUQモバイル新料金プランなど、低通信量帯での実質値上げの流れもあるので、下手に動かず、様子見しておくのも良いかもしれませんね。
      現状、SB系が料金プランで全く動きがありませんが、流れからして他社に便乗して何かしらの改悪プランが出る可能性もあり、旧スマホデビュープランがより価値あるプランになる可能性もあります。

コメントする

目次